穂の原でんしゃ製作所

鉄道模型を楽しくカンタンに工作したい方にオススメ。

やはりサウンドマシン

運転会の必需品か

 昨日は、カンタムのC62と調子の悪いキハがサウンドマシンとして活躍しましたが、それだけだとフル走行で車両への負荷が高すぎるので、本日は穂のでんのタウラスマシンも参戦しました。

f:id:abebecchi:20171119231736j:plain

 様々な車両に交じって、なぜかドイツのダブルデッカー車を4両連結したタウラスが控えています。ドレミファインバータは、子供達にも人気。京急の電車で市民権を得ています。これは関東地区ならではの現象でしょう。

f:id:abebecchi:20171119231905j:plain

 タウラスといっても、コブラマシンを選択。単にすぐに取り出しできる場所にあったため。他のマシンでも良かったのですが、アナログ運転でもサウンドが出せる設定にしているのはLokSoundのV4デコーダを搭載しているマシンに限られます。他のデコーダでアナログ運転でサウンドが出るのは確認できておらず、mSDではだめ、V3ではアドレスの設定をしないと出てこないはずです。設定を変えるまでの時間が確保できず、今回は手っ取り早く準備をしただけ。

f:id:abebecchi:20171119232150j:plain

 機関車のヤードにはたくさんのマシンが出番を待ち構えています。この春に改造したEF6478は、スピーカの音量が小さく、再改造の検討が必要なようです。やはりバッフルを十分に確保できるスピーカにしないとダメなようです。

f:id:abebecchi:20171119232255j:plain

 このように、変な編成を再現することもあれば、

f:id:abebecchi:20171119232325j:plain

 このように、なぜか40年前に廃車となった旧型機が、現在のタンク車を牽引することもあります。

 こういうのが模型運転会の楽しみなのでもあります。

 

 

 

サウンドマシン

運転会で活躍

 毎年1回の運転会は、日本型のレイアウトなので、未だアナログ運転。サウンドマシンの出る幕はないのですが、天賞堂のカンタムマシンはかろうじて運転可能。

 従って、見物客が多数ご来場の時間帯は、カンタムマシンが大活躍します。それだけでは主役不足なので、LokSoundを搭載した穂のでんマシンも、アナログ運転でサウンドが出るように設定したマシンを登場させました。

f:id:abebecchi:20171119002818j:plain

 といっても1日目は客車も無しの単機運行。何故かクモハ12と仲良く並んで待機していました。

PIKO 81520 DB 152 010-5 Ep.4 その3

良く見ましょう

 ピコのモデルは、本来パンタの出来が非常に繊細な所が特徴でした。

f:id:abebecchi:20171117192203j:plain

 一時期、ホビーがメインになったため、ゾマフェルド系構造のパンタが増えた時期がありましたが、最近は原点回帰。このE52マシンでは、旧型パンタの大振りなスタイルが、見事に復活しています。

f:id:abebecchi:20171117192325j:plain

 下回りの見所であるロッドも、しっかりとボルト頭や連結金具がしっかりと再現され、赤の塗装も鮮やかに彩色されています。砂撒き管が、車輪の下までしっかりと伸びています。

f:id:abebecchi:20171117192457j:plain

 コンピュータナンバー化されるまで残存できたE52は少ないのですが、後継機となったE50とともに重連で働いた時期もありました。

f:id:abebecchi:20171117192609j:plain

 貨物機なので、最高速度は遅かったのですが、ロッドをシャカシャカ言わせながら走行するサウンドは、特徴のあるモーターの界磁音に交じって旧型機を代表する雰囲気を醸し出していました。今回のサウンドデコーダーは、ロッドの音はしないものの、この音を楽しむことが出来ます。

 

・・・次回へ続く。

 

PIKO 81520 DB 152 010-5 Ep.4 その2

光が多くてビックリ!

 さて、大きな手入れは必要が無い状態の製品になりましたので、パーツの取付となります。穂のでん標準の1エンドダミー化作業です。

f:id:abebecchi:20171116222208j:plain

 随分とシンプルな添付パーツ。乗務員扉の梯子はわかるのですが、1本だけ細く長い、モハ72妻面にあるような梯子が入っていました。用途がイマイチ不明ですが、多分E94では鼻先の台枠下面に収納をしていた、作業用の梯子と思われます。バッテリ切れの時にパンタを上げる補助CPが動かなくなるので、ディスコン棒を用いて手動パン上げ作業をする時などに使う梯子です。

f:id:abebecchi:20171116222513j:plain

 車体はねじ2本で固定されています。容易に外れます。基板の構成は、最近のピコマシンと同等になっています。

f:id:abebecchi:20171116222556j:plain

 さて、1エンドのダミー化により、説明書では台車のエンドビームを取り付けられるような説明書きになっていますが、付け方が理解できないものでした。

 いろいろと現物をいじりまわすと、カプラポケットを外して、説明書とは上下逆の向きにすれば、外れたカプラポケット固定部に、しっかりとはめ込むことが出来ました。この辺りは説明書では誤記のため全く分かりませんので、現物をあてがいながらの発見です。

 さて、少し遅れて発売となったサウンドデコーダを装着して動作試験です。説明書には、3つ搭載されているジャンパの組み合わせで、LEDの点灯パターンが色々楽しめるようです。

f:id:abebecchi:20171116222916j:plain

 デフォルトでは、F0により前尾灯を点灯させると、機器室灯も点灯することになりました。各窓にLEDが1個ずつ配置されているという、実に贅沢な作りです。いきなりたくさんのLEDが点灯したので、ビックリ!

 

・・・次回へ続く。

 

 

PIKO 81520 DB 152 010-5 Ep.4 その1

シリーズ化け?

 ドイツにおける旧型電機はAltbau E-Loksと呼ばれています。一応E10,40,41,50シリーズよりも前に製造されていたグループが、その範疇のようであり、戦後製のE94,E18については旧型電機の部類に入りまして、日本のEF58やEF15と同じような感じです。

    f:id:abebecchi:20171115224149j:plain

 さて、そのような中でロッドのあるこの電機は、比較的初期の機関車となります。主電動機を車軸に換装するのが、まだまだ難しい大型モーターの時代なので、蒸機宜しくロッドにて駆動軸に力を伝達していたわけです。

 ピコにおいては、かなり以前から、このような旧型機の製品を精力的に発売していて、今となってはクラシックシリーズに分類されて、毎年様々なバージョンのE93やE63などが発売されています。

 しかし、今回新発売されたE52は、なぜか現行のExpertシーリーズにて発売、ただしパンタや台車回りなどは、結構細密品を用いて、全体の作りはクラシックシリーズと大差ない状態です。

f:id:abebecchi:20171115224557j:plain

 エンドビームのダミーの連結器やホース類も添付の別パーツになっているし、MCドア下の梯子も写真のように走行用として短いものと、展示用として本来の長いものの両方のパーツが入っていたり、商品構成は完全にクラシックシリーズと同等です。

 ここまでくると、まさにピコの本領発揮をし出した感が強く印象付けられます。

 

・・・次回へ続く。

 

ÖBB Webshop Modelle その10-3

まだまだ続くよ

 鉄道の運営主体が様々な形態になってきたので、ラッピングのみならず普通の塗装も様々な種類が出現するようになりました。

f:id:abebecchi:20171114222818j:plain

 そんな中で、デザインを競うことも増えてしまっています。結局何が良いのかわかりませんが、模型の売り上げに貢献できるのかどうかも怪しいです。

f:id:abebecchi:20171114222923j:plain

 それでも、限定品で発売を繰り返すということは、それなりに模型人口の中で需要を喚起しているように思われます。作る側も買う側も大変です。

f:id:abebecchi:20171114223009j:plain

 音を奏でてガンガン走る模型は、昔と比べると随分と楽しいものになりました。現代は実に恵まれた環境です。

 

・・・おしまい。

 

メトロ ファミリーパーク in AYASE 2017

毎年恒例の応募型イベント

 色々な鉄道会社のイベントが秋に多く開催されますが、東京メトロのイベントは毎年応募方式によるもの。抽選により参加可否が決まります。

 

 さて、今年はいよいよ綾瀬のヌシ、6000系が最終年度を迎える?はずですので、それを目当てに出掛けてみました。

f:id:abebecchi:20171112185650j:plain

 広い敷地であっても、大井のイベントとは異なり密集度が高いので、どうしても人々が画像に写り込んでしまいます。人気が高いのでしょうか。

f:id:abebecchi:20171112190109j:plain

 こちらの車両基地でも、このイベントは注目の的。そんなに下から覗くのが皆さん好きなんでしょうか。やはりヒトの本能なのでしょう。

 みんなで囲んで見上げるような会場レイアウトになっているので、こちらの方がよりムンムンな雰囲気があります。

f:id:abebecchi:20171112190249j:plain

 毎度おなじみの車体上げ。ここまで上げてどうするのかというと・・・

f:id:abebecchi:20171112190323j:plain

 特に何も変わりません。これでおしまい。

f:id:abebecchi:20171112190351j:plain

 それでも、こんなにたくさんの人々が、下から覗き込みます。今年の餌食も可哀想です。

 さて、お目当ての6000系は、

f:id:abebecchi:20171112190456j:plain

 しっかりと留置線の正面でお出迎えです。残存で最も新しい6130Fです。

 秋の日和の好天に恵まれて、しっかりとビームが映り込んでしまいました。このようなイベントは薄曇りがベストです。

f:id:abebecchi:20171112190738j:plain

 毎度おなじみの撮影用の奥の3編成にも6000系が混じっていますが、よく見ると中央のずっと奥の方に隠してある編成が小さく見えます。

 狙ってみると・・・・

f:id:abebecchi:20171112190836j:plain

 ・・・初期車の6102Fということでした。これで残存3編成が今回綾瀬にすべて集結していたわけです。5000系もまだまだ保管しているということです。パンタがしっかりと上昇しています。

f:id:abebecchi:20171112191057j:plain

 さて、こちらの撮影用3編成は、例年通り人気です。

f:id:abebecchi:20171112191143j:plain

 16000系は、最終増備編成の16137F。6000系は6122F、MSEは車番不詳。一応ワケアリ編成を揃えています。

f:id:abebecchi:20171112192352j:plain

 ということは、ひょっとして6122Fが最後のトリを飾るのでしょうか・・。

f:id:abebecchi:20171112192600j:plain

 まあ、最後の現役3編成揃い踏みなので、今回のイベントも、それなりの見せ場があったということになるのでしょう。

 そうなると、来年以降の主役不足が懸念されます。今年もすでにイチロクだらけのイベントに化している感じがしました。

f:id:abebecchi:20171112192802j:plain

 乗車体験と言っても、普段乗っている電車です。レア感無し無し。

f:id:abebecchi:20171112192906j:plain

 室内の乗車体験は、行先のみレアにしてみました。

f:id:abebecchi:20171112193009j:plain

 運転台体験も、行先のみ少々レアにしてみました。

・・・どこかに、正面中央貫通編成を準備するくらいの工夫は必要でしょう。

f:id:abebecchi:20171112193207j:plain

 ということで、車両のレア度不足を駅乃みちかの露出度でカバーしようと大活躍のはずが、少々お疲れ気味で撤収。

          f:id:abebecchi:20171112193526j:plain

 愛らしい銀ちゃん丸ちゃんが、元気に活躍していました。

 メトポンは発見されず。どこへ雲隠れしたのだか。

 

おしまい。