穂の原でんしゃ製作所

鉄道模型を楽しくカンタンに工作したい方にオススメ。

RIVAROSSI HR2542 ÖBB 1046 009-5 その1

貨車機関車? 秋の夜長が続きます。今度は日本には無いような車種です。 オーストリアマシンの1046形電気機関車です。 本機は荷室付という、少々珍しい形態です。従って登場時は4061形と称されていて、どちらかというとICE1のような列車機関車、、、オー…

HAG 22010-21 SBB Re4/4 No.10050 その6

安定した安心感 集電性が向上し、DCCでも安定した走りを見せるようになっているハグモデル。 今日は、今年施行された法令のために有給休暇となりました。世間は3連休でしたが、穂のでん坊やは5.5連休となりました。 でもコロナ禍が悪化していますので、G…

HAG 22010-21 SBB Re4/4 No.10050 その5

Sokda列車ようやく始動の模様 秋の夜長のおうち時間は、少しずつ進んでいます。 スイスマシンの続きです。 さて、夕べYoutubeを見ていると、見慣れた顔のサムネイルが出現していました。 VLOG #17 | Endlich mit dem Skoda München-Nürnberg-Express mitfahr…

HAG 22010-21 SBB Re4/4 No.10050 その4

おうち時間を楽しく 世の中コロナ禍とGoToで騒がしいけれど、身を守るには目先の見せ金に惑わされないことが肝要です。ということで、おうち時間で楽しみます。 といっても、このマシンはデコーダを交換する以外は手入れをする部分もありませんので、おうち…

HAG 22010-21 SBB Re4/4 No.10050 その3

サウンドはイマイチ ESUのサウンドライブラリでは、SBBマシン用のサウンドの種類が随分とプアーであります。 何でなんでしょうかねえ。 従いまして、SBBモデルをお求めの際は極力サウンドモデルを選択するようお勧めいたします。 ということで、音…

HAG 22010-21 SBB Re4/4 No.10050 その2

集電性向上策 DCCでは集電性能が良くないと暴走したりデコーダが壊れたりと、祟りが発生する可能性が高くなります。そのために今回黄色配線(DCCでは黒配線)が大活躍することになるわけですが・・・。 もっと重要な部分があります。今回は所属してい…

HAG 22010-21 SBB Re4/4 No.10050 その1

デコーダを変えてみる 新たにやってきたハグのスイスロコ。 作りたてほやほやの新品ですが、製品自体は古くからの外観状態が維持されています。古き良き1980年代のハグそのままの外観です。唯一、カプラーがNEM対応になったところでしょうか。 でも、仕様…

はぐう~~~!

新品来たる! 久々に以前の職場近くの食堂でランチをば。 テレワークですのでランチの場所は自由が利きます。 さて、帰宅すると荷物がひとつ届いてました。 今年最大?の、お待ちかねの荷物です。 ちょっと見たことがないケースのデザインですが、最近流行り…

ぎょぎょぎょ!!

こちらはいじる必要無し シュコダのぎょぎょ機関車が走る模型の製品になりましたので・・・ こちらのアトラスの鉄コレ風雑誌の付録模型は、置物のままで動力化改造をする必要が無くなりました。 このモデル、比較的見栄えが良いのですが、走行化は一切考慮さ…

ぎょぎょっ!!!

シュコダの名機ふたたび 今日も良い天気ですが、すごもりです。 と、デュッセルドルフの懇意の模型屋から荷物が届きました。 おめめがぎょろりとしている、チェコスロバキアの名機が到着しました~~。 1960年代にシュコダで製造されたBBタイプの汎用…