穂の原でんしゃ製作所

鉄道模型を楽しくカンタンに工作したい方にオススメ。

国際鉄道模型コンベンション 2018 その1

アクセスが変だ

 JAM2018には昨日出向いたわけなのだが、なぜかこのブログの右横のメニューに表示される「注目記事」に、昨年のJAMの記事がこの一週間ばかり表示されるようになり、なんだか変だ!と思っていたら、タイトルの西暦が違っていたのだ~~~!!

 今年が2018年で、昨年が2017年。間違っていたのに1年も気づかないで過ごしたわけで、このブログは書きっぱなしのノーメンテであることを曝け出した次第。

 まあ、気まぐれでチョコチョコ書いている(ボケ防止)のであって、違っているのも気づかないので、相当ボケボケなことは確かである。混乱させて申し訳ない。

 と、閑話休題でありまして・・・・タイトルは一斉に直しておきました。

f:id:abebecchi:20180820223933j:plain

 入り口には16番、HO、13mmなどの旧式電車がたくさん並んでいました。やはり関東だけあって小田急軍団の勢力は強いです。

 こういうのにシビれてしまう穂のでん坊やは、もう十分に穂のでんオジーサン。

f:id:abebecchi:20180820224049j:plain

 昨年もあった1900や、春の池袋のイベントにあった乗客満載列車とも、久々の御対面。

f:id:abebecchi:20180820224144j:plain

 1700形は、穂のでんのお気に入りなのねん。でも第3編成が一番のお気に入りなのねん。

f:id:abebecchi:20180820224221j:plain

 この関東スタイルが、お気に入りなのねん。2100なんて、最もシビれるねん。

f:id:abebecchi:20180820224307j:plain

 そうにゃんの車体更新2100もシビれるねん。営業には乗ったことないけど。

f:id:abebecchi:20180820224359j:plain

 近江に行った1600は、車体が更新された後には見ました。更新直前の新塗装のスタイルは、最もシビれるねん。

f:id:abebecchi:20180820224527j:plain

 可部線の17m車。残念ながら見たことはありません。

f:id:abebecchi:20180820224809j:plain

 東急電車。名車の3450形は、日車デハ3450と川車デハ3499がありました。

f:id:abebecchi:20180820224853j:plain

 日車は重厚なスタイルが特徴です。

f:id:abebecchi:20180820224912j:plain

 川重は軽快なスタイルが特徴です。

 どこが違うかと言われると、屋根の深さと折妻丸妻の違いということです。オジーサンは知っているけれど、娘の世代ではチンプンカンプンなのです。なので、なぜ同じような車両が2両並んでいるのか、解説しないと意図が伝わらない。

f:id:abebecchi:20180820225058j:plain

 かといって、ジェットシルバーカーが2編成並んでいても、こちらは2両しか存在しない車だったので、何が違うのか、これも解説しないと判らない。単に競作になりましたということで、納得したようだったが・・・イヌ101さんすみません。

 シルバー塗装の仕上げや、灰色塗装の違いが、それぞれの解釈や作り方の違いによるんで、模型づくりも造詣が深いんだ~と言ったら、まあ芸術品のようなものだからね~と言っておった。隣の会場でコミケまがいの同人会もあったので、そこら辺はウチの娘でも理解があるようで。

 

・・・次回へ続く。

 

鉄分満載の一日

早朝から動く

 朝は滅法苦手な穂のでん坊や。

f:id:abebecchi:20180819212619j:plain

 奇跡的に日の出直前の新鶴見のいつもの定点観測地。66が掘立小屋に居ます。

 今朝も臨時列車を撮るという暴挙に出ました。

f:id:abebecchi:20180819212810j:plain

 本線をEF65が上ってきます。

f:id:abebecchi:20180819212848j:plain

 なんか変な貨物が牽引されています。昨日にネットで情報が流れていたモノです。

f:id:abebecchi:20180819212939j:plain

 赤い車体の6両編成の通勤車のようです。

f:id:abebecchi:20180819213057j:plain 肩の白帯の中にサインカーブがあるので、ウワサの丸ノ内線の新車ということでしょう。

f:id:abebecchi:20180819213339j:plain

 ヨ8000がくっついていました!!

 過去の経緯だと、新鶴見(信)で50分ほど停車して、折り返し高島線方面に向かうスジのようですので、下りも狙ってみます。

f:id:abebecchi:20180819213546j:plain

 この時間帯は、コンテナ貨物列車のラッシュ時間帯。次々と上ってきます。

f:id:abebecchi:20180819213619j:plain

 65も、まだまだコンテナ牽引していました。編成は短いですが。

f:id:abebecchi:20180819213658j:plain

 また66がやって来ます。

f:id:abebecchi:20180819213716j:plain

 こちらは、結構なスピードで飛び込んできました。

 さて、お目当ての下りが、思った時間よりも10分ほど早くやって来ました。

f:id:abebecchi:20180819213805j:plain

 カマは、上りの付け替えで同じ2081号車。

f:id:abebecchi:20180819214314j:plain

 プレスされている情報通り、車端の窓は丸かった!

f:id:abebecchi:20180819214356j:plain

 白帯のところに車いすとベビーカーのステッカーがあります。13000系の流儀のパクリなんでしょうか。行先表示器が側面にも取り付けられたようです。

 ということで、いよいよ新車が入り始めるということなんでしょう。都内では銀座線と丸ノ内線を他路線よりも多く利用する機会があるので、営業開始が楽しみです。

 

 さて、早朝に滅多にやらない走行している列車の撮影をしたので、少々調子が狂いました。

f:id:abebecchi:20180819214804j:plain

 今年の有明のイベントは、娘の都合で本日出向くことに。。

f:id:abebecchi:20180819214842j:plain

 今日も凌ぎやすい爽やかな天候でしたが、セミ時雨は相変わらず盛んでした。ツクツクボウシが鳴き出したので、流石に今年も秋の気配が近付いているということでしょう。

 で、今年のイチオシ新製品はコレでしょう!、多分。

f:id:abebecchi:20180819215029j:plain

 お子様にも大人気。500系新幹線のキティちゃんバージョン。新幹線と言えば500系というほど、玩具類でも大人気。

f:id:abebecchi:20180819215130j:plain

 エヴァもかなりフィット感がありましたが、キティちゃんも結構ツボにはまった感があります。ベースの車体のフォルムがカッコイイと、何でも似合うんでしょう。

f:id:abebecchi:20180819215241j:plain

 ということで、ロクハンのZゲージでも発売されるようです。さすが。

 で、HOゲージは高齢化が着実に進んでいるので、市場性が無いとみてか、このような製品は発売されないようです。だめだこりゃ。

f:id:abebecchi:20180819215445j:plain

 で、オジサン向けには、このような製品が準備されるようです。これでシビれてしまうようなアナタは、もう立派なオジ-サン。

f:id:abebecchi:20180819215551j:plain

 これにシビれてしまいそうな感がありました。力餅の味覚が蘇ってきてしまいます。

f:id:abebecchi:20180819215642j:plain

 プレステージはこの出来。手前にカプラーが2個置いてありますが、何でしょう。

 

 ということで、今日はかなり歩きました。

 

 

 

 

たまには臨電でも

早起きは得??

 休日になると南武線にも比較的頻繁に臨時列車が走るようになりました。今日の奥多摩行き臨時は「華」のはずでしたが、「宴」に変更になりましたということで、娘共々珍しく早起きして、撮りました。

f:id:abebecchi:20180818223223j:plain

 朝は陽の向きが逆なのです。

f:id:abebecchi:20180818223257j:plain

 結構な混雑のようでした。

 折角なので、朝の新鶴見をチェックしました。

f:id:abebecchi:20180818223343j:plain

 稼ぎ時なので、居ません。もぬけの殻です。

f:id:abebecchi:20180818223411j:plain

 クラのそばには、66などが止まっているようです。

f:id:abebecchi:20180818223444j:plain

 掘立小屋の中にも1両居ました。頻繁に入れ替わっているようです。

f:id:abebecchi:20180818223513j:plain

 北側には、まあまあ止まっていました。

f:id:abebecchi:20180818223543j:plain

 洗車の時間には、まだ早いようです。

f:id:abebecchi:20180818223610j:plain

 桃太郎。旧塗装になってしまいました。

f:id:abebecchi:20180818223640j:plain

 きょうは、とても過ごしやすい日和。雲も秋空のような感じでした。

f:id:abebecchi:20180818223733j:plain

 普段は取りにくい場所に止まることが多い64も、今日は絶妙な位置に居ました。

f:id:abebecchi:20180818223823j:plain

 ディーゼルもひとやすみ。

 f:id:abebecchi:20180818223921j:plain

 さて、この塗装機も増えてきました。

f:id:abebecchi:20180818224001j:plain

 跨線橋の下には、JR貨物色のマシンが居ました。番号チェック忘れましたが、モニタ屋根の上に、何か撤去したような電線管と予備線があります。何を付けていたんでしょう。

f:id:abebecchi:20180818224201j:plain

 色々なマシンの屋根を観察します。やはりランボードは汚れていますが、灰色が多いです。

 f:id:abebecchi:20180818224249j:plain

 65の場合、規則性が無いような感じです。

 f:id:abebecchi:20180818224329j:plain

 やはり灰色が定位なんでしょうかねえ。

 さて、今日はチビどもはそれぞれ用事があるので、一日家にてゆっくりとしました。

f:id:abebecchi:20180818224434j:plain

 で、ちまちまの成果が1両完成。なんだか今まで登場しているマシンとは、ちょっと形状が違うマシンです。

f:id:abebecchi:20180818224610j:plain

 機関区の札が少々変ですが、下関が準備出来たら貼替予定。

ちょうど涼しくなって

換気は十分

 こんばんは随分と涼しい夜になっています。ソコソコ風がありますので、部屋の換気は窓を開ければ十二分に確保できます。

 ということで、調色作業をしてしまいました。

f:id:abebecchi:20180817235344j:plain

 JR貨物カラシ色。特徴のある扉の色ですが、今回のKATOの製品に色合わせをして、補修塗装を出来るように準備しておきます。大雑把に混ぜてから、4回目の微調整で、見た目同じ感じになりました。調色は光沢塗料なので、グロス仕上げに備えて、少しだけ濃い目に振ってあります。

 ダークブルーが扉部部分に少し吹き込んでいますので、補修が必要となります。

 

よそ見をしていたら

ベクトロンが溜まる

 今年は、どういう訳か時の流れがものすごく早く、既にお盆も終わってしまった。急がないと、あっという間に秋の運転会が来てしまう!!

 と、気分だけ焦っていても、ちまちまと色々なことに手を出して、本来のマシンの手入れ作業がなかなか進まない状況に陥りつつあるという、例年にない、妙にスケジューリングが悪い夏になっています。

 さて・・・

f:id:abebecchi:20180816225047j:plain

 一箱、やって来ました。この新箱に梱包されているということであれば新規製品ということになりますが・・・

f:id:abebecchi:20180816225152j:plain

 ベクトロンの新バージョンです。と言っても改良品ベースの塗り換え新製品。もうこの箱が標準として落ち着いてくれたようです。

f:id:abebecchi:20180816225444j:plain

 ELL社所属のベクトロン。ELL社はウィーンにあるベクトロンのリース会社ですが、このマシンはCDにリースされている、ということでしょうか。

 プラハからハンブルグまでを結ぶ列車のラッピングをまとっています。

 今回の製品の特長は、ココになります。

f:id:abebecchi:20180816225740j:plain

 第2、第3パンタグラフが、今回新規に準備された製品を使用しています。

f:id:abebecchi:20180816225815j:plain

 中央のホーンが無い、スリ板2本のみのタイプです。単品としても発売予定になっています。それ以外は改良品ベースのリピート部品が使用されています。

 さて、整備の順番待ちが増えてきてしまいました・・・。どうも国産品の手入れを始めると、ペースが落ちてしまいます。

 

 

お盆の行事

六郷川の花火大会

 物心ついたころから、多摩川の花火大会と言えば六郷川でした。今はニコタマの方が有名になってしまいましたが、古くからの川崎っ子であれば六郷川の花火大会を連想する方が多いかと思います。

 f:id:abebecchi:20180815234037j:plain

 最近は送り盆の時期に開催されるようになり、ごく普通の会社員であれば盆休みでゆっくりと見物できるのでありましょうが、残念ながら穂のでん坊やの勤務先は盆休みなんて言うものは無きに等しく。今日は出勤日でありました。

f:id:abebecchi:20180815234233j:plain

 で、朝の通勤早々から、今日も人身事故で東海道はストップ。下りの臨時踊り子号が足止めをくらっていました。結局お盆ということもあり、普段よりも空いている京浜東北で出勤できました。偶然にも少々早めに家を出ておいて、ヨカッタ~。

 さて、お盆なので当然電話が鳴ることも無く、メールが来るわけでもなく、半分以上の人々は有給休暇で居なく、ゆったりと仕事をすることに。玉子屋さんも今日まで休みなので、ランチは外で戴くことに。

f:id:abebecchi:20180815234606j:plain

 定時で早々に退社して、川崎駅からテクテク散歩コースを歩くこと。1時間前に到着してしまいました。

f:id:abebecchi:20180815234717j:plain

 一応、電車を絡めて撮影は出来なくもないのですが、まあ止めておきましょう。線路下の河川敷が、現在の主催者である大田区のメイン会場。結局主催者は関係なく、花火大会は場所が重要ということです。有明のイベントと一緒。

f:id:abebecchi:20180815234911j:plain

 徐々に暗くなっていきます。そこそこ風が吹いていて、蒸し暑くても汗がすぐに乾きます。

f:id:abebecchi:20180815234950j:plain

 すでにヘリコプターが数機旋回しています。写っているようで写っていないようで。

f:id:abebecchi:20180815235024j:plain

 で、このアングルでも、でかい玉が上がるとフレームアウトしてしまうんです。花火を撮るのは難しい。

f:id:abebecchi:20180815235103j:plain

 いよいよ開始時刻となりました。

f:id:abebecchi:20180815235122j:plain

 初っ端は一発デカいの。

f:id:abebecchi:20180815235150j:plain

 見事にフレームアウトしてしまったので、これは2発目の組の方。

f:id:abebecchi:20180815235300j:plain

 40分間のショーで短いのですが、色々な種類のが打ち上げられます。

f:id:abebecchi:20180815235335j:plain

 最後の方になると、見栄えや音量に凝った花火が連発です。

 f:id:abebecchi:20180815235406j:plain

 地味な地方の花火大会ですが、地元民にとっては、これでいいのだ!

 f:id:abebecchi:20180815235446j:plain

 最後はこのキラキラでおしまい。

 やっぱり花火は見物するのがイチバン。

 

 

KATO 1-316 EF65 2000 を加工する Ver.1

EF65 2050号機の暫定完成

 現在での現役最若番マシンということである2050号機。PS17搭載マシンでしたが、いつの間にかPS22Bに交換されていました。

    f:id:abebecchi:20180814213607j:plain

 サウンド化は来年度の事業にしまして、今年度は形態を再現する手入れのみにします。従って、手すりの固定はせず、差し込んだままにしていますので、フニャフニャになっています。仕方ありません。

 さて、2050号機は本来のPF機の特徴であったブレーキ関係の配管が悉く機能停止処置がされていて、BP管のみが生きた一般貨物専用の状態になっています。現行ではBPは黒塗装のようですので、写真を参考に根元以外は全体を黒にしています。それ以外のアングルコックは撤去した状態を再現。灰色塗装のままです。

 カプラーはケーディーの#58に交換し、別途シリコン系塗料で灰色塗装にしました。多少は耐久力があるかどうか・・・。

 ワイパーは、ウィーンのマナートラムで効果抜群だった染Qのメッキ感覚仕上げのシルバー塗装。太いパーツなんですが、塗装したら雰囲気が変わりました。

 ナンバープレートはボナのエッチングパーツ。ジェイズ(アサヒペン)のJR貨物ライトパープルを吹いてから、磨き出しをしました。3Mの両面テープで仮固定してあります。

f:id:abebecchi:20180814214411j:plain

 下回りは、スカート、台車共にいったんパーツ単位にバラして、砂箱などの付属パーツ類を取り付けしてから、染Qのミッチャクロンを塗装後に灰色塗装。今回は他の色差しはしていません。

 避雷器はいったん車体から外して灰色塗装。防護無線アンテナと取付座も、別途それぞれ濃淡の灰色を塗装してから車体に取付しています。笛は耐雪カバー付きですので、ジェイズのJR貨物ダークブルーを塗装してから取り付けしています。信号炎管も根元部はブルーですので、塗装してから取り付けします。

f:id:abebecchi:20180814215026j:plain

 側面のナンバープレートも前面と同様ボナ製。製造所銘板は、2050号機は東洋電機/川崎重工ですので、製品の付属パーツは使えず、レボのエッチングパーツを流用。青塗装品でしたので脱色後、ライトパープルを塗装してから磨き出ししました。

f:id:abebecchi:20180814215237j:plain

 屋上の車体は手入れをせず製品のまま。付属パーツは電線部分を黒塗装、端子部分を銀塗装してから車体に取付しています。パンタグラフは製品を塗装して流用。側面のMCドア脇の手すりのみ、塗り分けが必要なので、付属パーツの白の手すりを使用して、ミッチャクロンを塗装後にライトパープル→ダークブルーの順番に塗装しています。

f:id:abebecchi:20180814215505j:plain

 製品には、既に区所標記が「新」となっていましたので、そのまま。MCドア上の梯子掛けの手すりは、実機は既に撤去してありますが、この製品は流用品でそのまま再現になっていましたので、付属パーツを取り付けておきました。穴埋め加工は部分塗装が伴うので、今回は見送っています。ちょうど三角表記が接近しているので、尚更いじりたくない状況でした。

f:id:abebecchi:20180814215802j:plain

 助士席横の固定窓のところには、後付け冷房装置の排気用のルーバーが取り付けられていますが、この製品は流用なので再現されていません。後付けでパーツを考えなければなりませんが、サウンド化の時に同時施工を予定しておきましょう。

 後部標識板掛が車体のモールドになっています。本来は足掛けの先端側に取り付けられていますが、製品構成の都合上車体側にモールドされていますので、車体と一緒に青く塗りこめられてしまっています。一応存在感を示すため、表面を白く色差ししておきました。

f:id:abebecchi:20180814220150j:plain

 ということで、とりあえず暫定的な完成に至りました。これでも一応デジタル運転ができますので、今年の運転会はこの状態で過ごすことになりそうです。