穂の原でんしゃ製作所

鉄道模型を楽しくカンタンに工作したい方にオススメ。

黄色だけではなく

中古車の掃き溜め

 南武線は、かつて中古車の掃き溜め線区と言われていました。でもその恩恵で冷房化率が高い時期もありましたが、路線カラーのイエローが真に定着したのはJRになってから、という感があります。

 ということで、トミックスの103系を黄色く塗装しているわけでもありますが、こんな編成もあったことを思い出しました。

f:id:abebecchi:20180619225721j:plain

 あまり写真の状態は良くありませんが、3色混結の編成です。中古車の掃き溜め故、前任地の塗色のまま転入してくることが多く、このような3色混結は、どちらかというと珍しい口になります。

 101系の時代は、大概オレンジかカナリヤだったわけですが、浦和の101系が転入してきたときはスカイブルーの編成が揃ったこともありました。流石にその時は小学生であった穂のでん坊やもビックリしたものです。

 しかし、その後103系が入りだすと、松戸のエメラルドグリーンが「非冷房」車で2両迷い込んだ時は、更にびっくりしました。だめ押しで池袋のウグイスまでやって来ると、もう何でも来いという状況。上の写真は、まさにその「カナリヤ」「ウグイス」「エメラルドグリーン」の3色そろい踏み編成であったわけです。3色が絡む場合は、必ずエメラルドグリーンが混ざっていて、編成全体を借り入れた1例を除くと、この編成の昭和61年の時と、それ以前の非冷房車の時である昭和59年の2例のみとなります。

 この編成に組み込まれていたエメラルドグリーンのユニットは

 モハ103-321+モハ102-477

で、ユニット窓非冷房車で新造されマトに配属された希少価値のグループになります。このユニットは比較的早期に冷房改造されたようで、ナハに転入してきたときには既にMMがMT55Aに交換された甲高い音色で走行していました。

 中間のサハがウグイスの

 サハ103-359

で、同時期にイケから転入してきたウグイスのモハユニットにくっついてきた余り物でした。従ってウグイスも含め3色混結になったわけです。しかし、とある日、高校からの帰宅道、クモヤ145の2両に挟まれた同車が回送されるのを目撃し、その後この編成のサハが311号車に差し替えられていることを発見しました。マトと車両交換をした形になっています。理由は?ですが。

 この時期は国鉄分割民営化を控え、103系の大移動が関東と関西の間で行われていました。これらの車両の転配も、その関連なのでしょう。

 

黄色く塗装

梅雨の合間を有効活用す

 そろそろ雨天が続くようになってきましたが、本日は昨日よりも天気が改善し、多少晴れ間も覗く日和。こういう日は有効活用しなければなりません。

f:id:abebecchi:20180617195935j:plain

 昨日のジャンクは手を付けず、以前チマチマと買い集めていたほうのジャンクを黄色く塗装します。もちろん南武線。この頃はHOの手入れよりもNゲージの手入れの方が進んでいます。

 さて、湿気があるので、塗装を乾燥させる間合いを確保するために、再びテクテクと歩数稼ぎをば。

f:id:abebecchi:20180617200103j:plain

 今日は国鉄顔が舞台に揃っていました。ピカピカの原色が1両います。

f:id:abebecchi:20180617200159j:plain

 なんと先日大宮でお会いしたEF65 2074号機さんではありませんか!

f:id:abebecchi:20180617200243j:plain

 みんなの餌食になっていたマシンであります。先日のイベントレポートでも、別カットの写真を紹介しておきました。

f:id:abebecchi:20180617204622j:plain

 ピカピカなのは気持ちが良いものです。EF64も長旅のひと休みをしています。

f:id:abebecchi:20180617204749j:plain

 きれいに国鉄型が先頭に揃いました。珍しいかもしれません。

f:id:abebecchi:20180617204852j:plain

 ちょうど先頭部の洗車をしている最中です。並んだEF65は、それぞれエンドが反対向きにになっています。まあ、機関車はそれほど問題ないでしょう。

f:id:abebecchi:20180617205008j:plain

 雪かきの有無が判りますねえ。

f:id:abebecchi:20180617205112j:plain

 ところで、DE10の2両が居なくなっていました。

f:id:abebecchi:20180617205202j:plain

 こちらのマシンは、相も変わらず鎮座したままです。

 さて、陸橋の北側留置を見てみましょう。

f:id:abebecchi:20180617205307j:plain

 こちらは金太郎さんも沢山止まっています。

f:id:abebecchi:20180617205349j:plain

 遠く、武蔵小杉の高層建築群が見通せます。

f:id:abebecchi:20180617205441j:plain

 今日は結構EF65が多い日かもしれません。

f:id:abebecchi:20180617205516j:plain

 この下にEF66が1台居りましたが、うまい具合に撮れない場所。

f:id:abebecchi:20180617205557j:plain

 2127号機は随分と汚れているようなので、こちらを洗車したほうが良いかもしれません。先日は結構きれいな車体でしたので、この2週間で汚れてしまったのでしょうか。

 で、テクテク歩くと空腹になるので、オヤツを購入して帰宅。103系の塗装車体を復帰します。

f:id:abebecchi:20180617205813j:plain

 塗装変更以外は特に手入れをしないのが、穂のでんのNゲージでのモットー。目と手が追い付かないことには手出ししません。

 

 

 

 

ジャンク集め

ネタを探して・・

 梅雨の合間で、随分と涼しい一日。雨が降りそうで降らないという微妙な中、秋葉原で少々ジャンク集めをば。

f:id:abebecchi:20180616195737j:plain

 本日のゲット品。なんと73系があったではないですか。

 f:id:abebecchi:20180616202555j:plain

 広島地区のウグイス+黄かん警戒色。警戒色にフチドリがあるのはクモハ73027のみ。

f:id:abebecchi:20180616202828j:plain

 右側の車両になります。別カットは以前にも紹介していました。

f:id:abebecchi:20180616202909j:plain

 でもモデルには前面の1位にパンタグラフ用の空気作用管がモールドされています。

f:id:abebecchi:20180616203538j:plain

 クモハ73021にも作用管はありませんでした。

f:id:abebecchi:20180616203620j:plain

 クモハ73009にも作用管はありませんでした。

 ということで、これは以前発売された鶴見線の500番代ベースの車体なのでしょう。

 f:id:abebecchi:20180616203733j:plain

 クハ79370です。

f:id:abebecchi:20180616203815j:plain

 1枚だけ写真がありました。少々手すりの装備が違うようなので、

f:id:abebecchi:20180616204051j:plain

 モデルは標準的なスタイルをベースにしたのでしょうか。御殿場線セットの流用かもしれません。

f:id:abebecchi:20180616204201j:plain

 更新前のモハE217。ジャンク品です。車体は東急/新津形状です。

f:id:abebecchi:20180616204237j:plain

 前の所有者がパンタを交換したと思われる、モハ209。トミックスの川重形状の旧製品ですが、昨年末に東急/新津形状の新製品が発売されたので、放出したのだと思われます。

 いずれも部品等の流用で、企みを考え中。

 で、天気がイマイチでしたが、今日もちょろっと歩数稼ぎ。

f:id:abebecchi:20180616204604j:plain

 本格的な淘汰が開始された、みんなの赤帯車。

f:id:abebecchi:20180616204647j:plain

 新車もやってきますが、このコルゲートの波打ちが一時代の終焉を予感させます。

f:id:abebecchi:20180616204732j:plain

 後期増備車でありました。

f:id:abebecchi:20180616204843j:plain

 どちらも軽量構造の車体です。大井町線の方はフルカラーLED表示器に交換されていますので、もう少し長生きするのでしょうかねえ。

f:id:abebecchi:20180616204944j:plain

 でもLCカーのデビューが公表されているので、それほど長くないでしょう。

f:id:abebecchi:20180616205019j:plain

 直流モーターの乗り心地を楽しめるのも、今のうちです。

 

 

 

 

ブレンナーはブレンネロふたたび

ベクトロンの記念ラッピング

 先に、タウラスのブレンナーバーン150周年記念ラッピング車のモデルが発売されていましたが、今度はLokomotionのベクトロンにおける記念ラッピング車もモデルが発売されました。

f:id:abebecchi:20180615214329j:plain

 従来のデザインを彷彿とさせる模様の中にチロル地方の山々の風景画を取り込んでいます。面白い構図です。

f:id:abebecchi:20180615214431j:plain 左右でデザインは同じですが、1エンドと2エンドで顔周りの塗色が赤と青で異なるので、反転でもなく回転でもないデザインとなります。

 さらにゴールドバージョンも追加発売されることになり、Lokomotionはモデルの餌食になりやすいデザインなのでしょう。

 

・・・そのうち続く。

久々のホビセン

建て替え後初

 行く用事が無ければ行くことが無いホビセンに、超久々行ってみました。

f:id:abebecchi:20180614235855j:plain

 もちろん終業後になるので、日没になってしまいます。少々不便な地域にあるので、都心から向かうのも難儀しますし、家に帰るのはもっと大変です。前回来たのはチビがチビ小学生だった頃の休日に、自家用車でドライブがてら来た旧館時代なので、7~8年前になります。

f:id:abebecchi:20180615000058j:plain

 京浜のデハ230は、相変わらずの場所に鎮座していたので安心です。日没しているのに、スマホでも意外にキレイに撮れました。

f:id:abebecchi:20180615000221j:plain

 川崎までカエルのは、結構大変なので、少々遠回りですが副都心線を使うことにしました。

f:id:abebecchi:20180615000303j:plain

 運良くやってきた元町・中華街行きはメトロの7000初期車。フカフカシートの6人掛けで、ガラガラというより途中で誰も居なくなりました。これが新宿3丁目でラッシュ状態となります。

 さて、本日のゲット品は、今後手入れを行うためのパーツ。成果はそのうちにご紹介ということで本日はおしまい。

 

 

メーカー替えをすることで

リスク分散というヤツ?

 Loc&More社の発売モデルは、様々なメーカーのベース品を発売するようになりました。以前はイェーゲンドルファー製のものばかりでしたが、メルクリンで失敗品を発売し、遂にロコにまで触手を伸ばした、というのでしょうか。

f:id:abebecchi:20180613231922j:plain

 これはイタリア、オーストリア、ドイツの国旗をあしらった相直運転の宣伝ラッピング。チロル地方の路線を念頭にしたマシンでしょうか。

f:id:abebecchi:20180613232105j:plain 左右でデザインが異なりますので、楽しめます。先の週末に5Fのお姉さまにお呼ばれした際は、新たに発刊されたEisenbahn JournalのTauernbahn特集号を受け取りに行きました。まさにBrennerbahnと並んで、イタリアに抜ける貨物のメインルートですねえ。行ったことないけれど。

 

・・・そのうち続く。

 

 

面倒なものもあって

トリックスモデルが発売されず

 

 季節外れ?の台風が近付いていましたが、夜のうちに関東地方からは離れていったので、午前中は良い日和になりました。

 6月は祭日がないのですが、勝手に記念日が設定できるので、あらかじめ計画的に本日は休日とし、少々足を延ばしてきました。

f:id:abebecchi:20180612221802j:plain

 3週間ほど前に来た久里浜にもう一度。朝は本数が多いだろうと思ったら、案の定両方のホームが埋まりました。発車待ちの2番線側は、選択3扉を使用していました。

f:id:abebecchi:20180612221941j:plain

 駅前のお花畑は、刈り取られてて植え替えのようです。今度は7月に来てみましょう。

f:id:abebecchi:20180612222033j:plain

 地下では、こんな珍車に出会いました。これもサークルKなので淘汰の対象なのでしょうか。

 さて、大量入線のベクトロン。次のものは少々厄介な存在。

f:id:abebecchi:20180612222204j:plain

 メルクリンの限定品なので、トリックスモデルは当然の如く発売されません。従って2線化改造が必要となりますが、ホビーなので多分そんなに手間はかからないと踏んでいます。

f:id:abebecchi:20180612222258j:plain

 しかしデコーダが多分mfx対応のみと思われるので、Z21コントローラーではファンクションが限られてしまいます。折角の特別サウンドを楽しむにはCS2を引っ張り出してくることになりそうです。

 

・・・そのうち続く。