穂の原でんしゃ製作所

鉄道模型を楽しくカンタンに工作したい方にオススメ。

Roco 73242 ÖBB 1116 195-9 'Nightjet' その2

これも☆印あり

 先のタウラスと同様、こちらも☆が車体の上部あちらこちらに描かれています。

f:id:abebecchi:20170628220911j:plain

 これだけ細かい模様が描かれていると、実機でラッピングする作業も大変だったであろうと想像されます。模型化も手間が混んでいるようで、ロコ社のHPでこの製品の製品化過程のCMが一時期掲載されていた際に、CADでデザイナーが星のイラストを描いている部分が画像として紹介されていました。

 さて、一般仕様のタウラスですので、

f:id:abebecchi:20170628221102j:plain

 1端寄りがデザイン上でも先頭です。

f:id:abebecchi:20170628221135j:plain

 2端は連結面ですが、帯は廻っていません。

f:id:abebecchi:20170628221242j:plain

 微妙な夜空の色合いが、微妙に表現できています。表面の状態を見ると、デカールのような気がします。

f:id:abebecchi:20170628221255j:plain

 デカールとしたら、相当良い仕事をしています。とりあえず正面オデコのブラックの部分と側面の青の部分に、貼り合わせの段差らしき部分が微妙にあるのですが、塗装のような感じにも見受けられます。わかりません。というレベルです。

 まあ、たいしたもんですなあ。

 

・・・次回へ続く。

 

 

Roco 73242 ÖBB 1116 195-9 'Nightjet' その1

1両しかありません

 昨年秋、それまでCNLが営業していた西欧地区の夜行列車がÖBBに移管されました。夜行列車はどこでも苦戦しているようで、ÖBBの近年のブランド化戦略の一助を期待してイメージアップを図ろうとしているのかもしれません。

 営業主体が変わっただけで、運用されている客車には変わりがありません。何とかジェットというシリーズ名を借用して、そのままナイトジェットとなったわけですが、昼間の特急のレイルジェットと似たデザインの色違いのナイトジェット色が準備され、客車の一部はそれに塗り替えられました。

f:id:abebecchi:20170627194701j:plain

 機関車も195号機がその衣替え第1号機に抜擢され、塗り替えられましたが、後が続きません。別に普通の夜行用客車を牽引するので、強いて専用マシンを準備して運用の柔軟性を阻害してしまうほどのものでもないわけだとは思います。またレイルジェットマシンと異なり、塗装の面から見た列車の先頭寄りは1端側になっています。

 従って上の写真は2端側で、塗装上の連結面となっています。

 さて、ロコから早々に模型化されました。1台だけの広告機のような存在なのでÖBBのウェブショップから発売されてもおかしくないとは思いましたが、量販品としての発売というところです。

 塗装が特殊なだけで、製品は通常仕様。そのため、ある程度の整備は必要です。

f:id:abebecchi:20170627195041j:plain

 といっても、ここ2~3年はワイパアームが既に装着済で、前面手すりのみが、相変わらずユーザー取り付け品。これがちょっとコツが必要です。

 その他の部品は、エンドダミー化の部品ですので、お好みで施工するかしないか、というパーツとなります。穂のでんでは先頭ダミー化が定石工事なので、片方のみパーツ交換が必要です。

f:id:abebecchi:20170627195250j:plain

 改良仕様の製品ですので、ショートカプラー機構は残したまま、ポケットを外すことが出来、ダミーのリンク連結器を装着、ホースも装着です。手すりは慎重に差し込みます。

f:id:abebecchi:20170627195403j:plain

 2エンド側は、前面手すりのみ装着、他は触らずですが、連結器はループー式を外して、ロコ方式のループカプラに交換します。一時期はこの連結器が標準装備でしたが、今は普通のループ式に戻っているため、箱入り購入品を流用します。

 ここ1~2年、脇の手すりの洋白線が、灰色のめっき品に変わっているんですよね。メルクリンの製品では、この洋白線が錆びる不具合が一時期の製品に発生しているので、その対策なのかもしれません。ロコのこのパンタグラフも、舟体が錆びることが最近多いので、要注意です。

 さすが中国製だけあって、粗悪な素材が今でも出回っているようです。そこまで管理するのは至難の業でしょうか。

f:id:abebecchi:20170627200014j:plain

 で、10分ほどで整備完了。

 

・・・次回へ続く。

 

 

ナイトジェットが飛んできた

ドイツの店からやってきた

 はるばるフランクフルトから

f:id:abebecchi:20170626231651j:plain

 ジェットに乗って飛んできた

f:id:abebecchi:20170626231719j:plain

 川崎港の税関を

f:id:abebecchi:20170626231751j:plain

 さっさと抜けて訪れた

f:id:abebecchi:20170626231837j:plain

 客車の発売続くかな・・・・?

 

・・・次回へ続く。

 

 

Roco 73238 ÖBB 1116 158-5 "Licht ins Dunkel" Ep.6

2代目の登場

 初代が登場してから5年、今度は158号機に新たなラッピングが施されました。

f:id:abebecchi:20170624173105j:plain

 初代のデザインから進化しています。これは3Mのラッピングフィルムの印刷技術の向上によるものが大きいと思われます。☆の集合体や大きさも写真のような雰囲気のものになりましたし、ÖBBのロゴもシャドウがかかったものが大きく描かれています。

 f:id:abebecchi:20170624173325j:plain

 といっても、こんなラッピングを模型でも再現してしまうということですので、模型に対する印刷(デカール?)技術も、相当向上している、ということでしょう。

f:id:abebecchi:20170624173423j:plain

 今回のモデルは、車体にも表記されているようにRocoグループの模型会社の提供によるものですので、モデルはÖBBウェブショップの発売ではなく、通常のモデルの商流でHOゲージははロコから、Nゲージはフライシュマンから、それぞれのブランドで発売されました。

f:id:abebecchi:20170624173617j:plain

 まあ、細かいところまで、表現されています。

f:id:abebecchi:20170624173646j:plain

 すごいモンですなあああ・・・。

f:id:abebecchi:20170624173729j:plain

 モデルの本体は、ロコタウラスの改良仕様がベースです。ですのでDCCデコーダもPluxピン対応。今回はサウンドモデルが入線しましたので、ZIMO純正のデコーダとサウンドが搭載。ということで走らせて見るとRailjetと同じサウンドになっていました。

 並べてみると、進化の度合いが解るでしょう。

f:id:abebecchi:20170624174051j:plain

f:id:abebecchi:20170624173937j:plain

 再び、すごいモンですなああああ・・・

 

ÖBB-Webshop ÖBB 1116 126-4 "Licht ins Dunkel" Ep.5

初代のラッピングモデル

 この"Licht ins Dunkel"という言葉は、墺太利の支援活動のスローガンのようなものだそうです。70年代から活動が続いているそうで、以前のSOS Kinderdorfと似たようなもののようです。

 ということで、バスや列車にもラッピングが登場ということで、タウラスには最初この126号機に初代ラッピングモデル車として2011年に登場しました。

f:id:abebecchi:20170624171657j:plain

 そのような経緯ですので、当然のようにウェブショップからモデルが発売されることになりました。子供村のモデルとは違い、このモデルはRailAD社の製造担当となったわけです。

f:id:abebecchi:20170624171818j:plain

 ウェブショップでは、同じデザインのバスのモデルも発売されています。ORFのロゴが描かれていますので、公共放送の提供によるラッピングということでしょうか。

f:id:abebecchi:20170624172137j:plain

 青基調のタウラスは珍しい部類ですが、★のマークがあちこちにあり、華やかなデザインとなっています。

f:id:abebecchi:20170624172248j:plain

 モデルはRailADの通常モデルとおなじ仕様。曲面や屋根の肩部への☆の印刷も綺麗に表現されていて、このような印刷に慣れているメーカーであることが分かります。

 といっても原産国は中国。今や鉄道模型の世界でも中国無くしては成立しない状況になってきています。

f:id:abebecchi:20170624172456j:plain

 日本のプラ16番製品も、大手は韓国製のようですが中小のガレージ業者は中国製になっています。やはりコストと完成度のバランスを見ながら選択することになるのでしょう。オール日本製というのは、安価なモデルでは成立できないと考えても良いでしょう。あとは自作で頑張るというところでしょうか。

 

TOMIX HO-270 国鉄 クモニ83 その3

整備完了

 欧州のモデルとは異なり、結構走らせるまでに細かい部分の手間がかかりますが、それを良しとするのが日本のコアなマニア文化なのでしょう。それが市場の先細りと高価格化の原因のひとつであるのですが、それはなかなか改善されないようです。

f:id:abebecchi:20170617222318j:plain

 さて、このクモニ83ですが、どちらが正解の向きでしょう?

 標記上は上の写真の左側が①位となっていますので、東海道線でいうところの下り向き先頭が定位ということになります。従ってパンタの無い上りの妻面に製造所銘板や形式標記類があるわけです。

f:id:abebecchi:20170617222605j:plain

 よって、この山側の国鉄本社から見える側が、非公式側。

f:id:abebecchi:20170617222639j:plain

 こちらが公式側になる、ということです。通勤電車でいえば、クモハ100と同じ存在。なぜこうなったのかは多分湘南電車の荷電の併結が下り向きであったことが要因ではないかと思います。クモユニ81も下り側が①②位になっています。もう少し遡ると、モハユニ44も下り向き先頭車でしたし、その前のモハ30の仮改造車も下り向き偶数車のみですので、昭和の初期から下り向きが荷電の定位という考え方になったのでしょう。面白いものです。

f:id:abebecchi:20170617224125j:plain

 さて、荷電が1両、暫く単行で走るのでしょうか。穂のでんには40年も前のエンドウ製クモニ83が所属しています。最近箱から出していないので、そろそろ整備をしないといけない状態になっていそうです。

 

・・・おしまい。

 

TOMIX HO-270 国鉄 クモニ83 その2

旧国なのか・・・

 さて、この電車はツリカケ駆動ですので、旧型国電の部類になります。車体は荷電改造時に新造されていますので、新しいものです。

f:id:abebecchi:20170617221031j:plain

 さて、015号車は上野に115系と併結入線した最後の荷電になっていて、ちょい有名個体になっていますが、今回の整備で不明点が2点。トイレの窓は白アクリルに交換されているかどうか。新造時は下半分がスリガラスだったようで、廃車時までそのままの個体が多かったようです。ミハの016号車は比較的早い段階で白アクリルに交換されているようです。色々と写真を探すと、ねこの本にちょうど写真が掲載されていて、015号車はスリガラスのままで一生を終えたようです。

 さて、パンタグラフ。穂のでんでは和洋を問わず、パンタグラフの整備は比較的機会が多くなっています。

 トミックスのPS13は、それなりにスタイルが良いですが、シューのホーンの部分が抜けていないのが残念なトコロ。でも今回はそのまま使用します。上半分がエッチング抜きの洋白の地肌のままですので、塗装します。

f:id:abebecchi:20170617221611j:plain

 このPS13が、実はとてもクセモノ。時期や入場する工場によって、塗色が違うんですよね。浜工入場車は、パンタ形式にかかわらず黒と決まっていたので、113系のPS16であっても黒で、見分けやすいものがありました。逆に大井工入場の車両は一律灰色でしたので、こちらも楽です。

 新津の整備車も末期は灰色だったようですが、この015号車の写真を見ると、汚れている状態のものが多く、灰色になっていたかどうか少々不明。ということで、今回は妥協をしてジャーマングレーとしました。まあ、PS13が強調されるので、効果ありでしょうか。

 一応屋上のモールドは、薄い灰色を色差ししておきました。

 

・・・次回へ続く。