穂の原でんしゃ製作所

鉄道模型を楽しくカンタンに工作したい方にオススメ。

カツミ模型店 自由形EB10 その1

先ずは最新作津軽風から 自由形EBで最も普及していたのはEB58ではなくEB10ではないか?と思うくらい色々なバリエーションに富んだマシンです。Oゲージ時代からあった自由形だそうですが、そのバリエーションの程は誰も把握できていないかもしれませんが、と…

2台目完成

車号名板取付完了 黒EB10と同じ銀帯と赤プレート車号を貼り付けして、作業は完了となります。 今回のマシンは、最も製品の多かった36号機になりました。色々な色が36号機になっていますので、混同しそうです。 ちなみに、黒EB10は38号機に仕立てていま…

設備品の取付

クシャミ厳禁 津軽風マシンに化けていきます。いつの間にか電化されてしまったようですので、パンタグラフを搭載します。 さて、中古屋等アチコチから入手したEB10には、色々なメーカーの懐かしいパンタグラフが取り付けられていました。多分前の所有者様た…

オリジナルからちょいと変え

色とロジックで最新仕様へ 早々に着手した2両目は・・・ ニシタケベージュにまずは塗装しました。。。EB10のトイシリーズに有ったオリジナルの塗装の赤ツートンをベースにしていますが、多少は現実味を帯びさせるために実在私鉄の近い色にしておきます。 更…

2両目に着手

状態悪い方も復帰へ 2両のEB10のもう1両。 ルーバーが別パーツになっていたサビサビの車体。 こちらも綺麗に磨き上げました。すぐにプライマー塗装をして、防錆処理とします。 そして、さっさとサーフェーサーを吹いて隙間を溶きパテで埋めます。 ・・・そ…

組み終わり

試運転を実施 上回りの整備も完了しましたので、下回りとのドッキングです。今回は単なる劣化部分の復元という位置付けでしたので、配線類ははんだ付けで直接上下の接続となります。 黄色帯が乱れていますが、あえてこのままにしています。 ローラー線路で早…

カツミ模型店 自由形EB58 その4

ナンバープレートを変えてみた EB10で試作したプレートが結構良かったので、EB58へフィードバックしてみました。 接着力が透明シートよりも強力なので、ラッピングフィルム上に貼っても剥がれることは無さそうです。 ついでに、側面のプレートも正規の?ゴハ…

少しずつ進展

1日15分 少し忙しくても、秋の夜長は牛歩戦術も重要です。やる気があるうちに仕上げないと、放ったらかしになってしまいます。 ということで、パンタグラフの復帰と尾灯の赤色差しのみです。 ・・・そのうち続く。

車番入れ

次の手で多分行けそう EB58で試してみた鏡面銀のラッピングフィルムはかなりの好印象であったので、黒ボディに貼ってみました。 良さげです。これで行きましょうか。でもナンバープレートがしっかり定着して貼れるかどうかが次の課題です。 失格となったEB58…

カツミ模型店 自由形EB58 その3

帯に困る フリーのEBは、10も58も帯を巻くことによって、小粒ながら引き締まった表情にまとまっています。 ということで、単純にヨドバシで求めたA-oneの「メタリックシルバー光沢」なるラベルシートに印刷して貼り付けしたわけですが、模型的にはマッ…