読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

穂の原でんしゃ製作所

鉄道模型を楽しくカンタンに工作したい方にオススメ。

大宮のイベント2017

OM会場の今日

 サイタマという名称は未だに違和感を感じ続ける神奈川県民ですが、大宮と言えばスッキリします。ということで毎年恒例のイベントとなった感のあるOM公開に出向きました。

f:id:abebecchi:20170527212323j:plain

 駅から延々に続く大群の列に加わり、ウナギ床の敷地を一回り。

f:id:abebecchi:20170527212705j:plain

 今年は、オダワラ急行の車両もお出迎え。

f:id:abebecchi:20170527212846j:plain

 蓄電池電車も展示されていました。意外にスカートがゴツイんですねえ。

f:id:abebecchi:20170527213050j:plain

 こっちの電車の方が気になるのですが、しまっちゃうオジサンにしまわれてしまったようであります。

f:id:abebecchi:20170527213140j:plain

 珍しいマシンが3両並べられて、鉄ヲタの餌食になっています。

f:id:abebecchi:20170527213255j:plain

 結構きれいに整備されておりまして、一安心。やはり日本の直流機はこれ。

 

 今回の注目はこちら、と思うのですが、全く人気もなく閑散としていました。DE10が遂に最終全検ということは、寿命決定ということ。大変です。

f:id:abebecchi:20170527213341j:plain

 しかも最近全然人気のない日本車両製の機関車。そういえば会場で銘板のオークションがありましたが、日車銘板は開始価格が5マン円でした。

f:id:abebecchi:20170527213739j:plain

 閑散としているということは、サイドの全景も撮りやすい、ということでありました。

 夏のOYほど暑くはなかったのですが、初夏の陽気で一汗かきました。天気が良くてなによりなにより。

Märklin 36612 Metronom ME146-18 Ep.6

ホビーの派生

 GWに銀座4Fで探した格安ホビー。いつものように簡単なメルクリンの2線式化改造でDCCマシンに生まれ変わり。

 f:id:abebecchi:20170524235546j:plain

 デコーダは結局mSDを使用するので、mfxでもDCCでも、どちらでもOKでありますが、CV値を書き換えてDCCコントローラではmfxと認識できないようにしてあります。

f:id:abebecchi:20170524235730j:plain

  Metronomは北西ドイツ地区の旅客輸送会社です。ハンブルグを起点にブレーメン、ゲッティンゲン、ブレーメン、クックスハーフェンまでを担当しているようです。ダブルデッカー車の客車をTRAxxマシンが牽引して疾走する情景は、最近動画でも良く見かけるようになりました。

f:id:abebecchi:20170525000207j:plain

 この派手な塗装は目立ちます。客車も類似の塗装ですので、目がチカチカする感じがします。

 さて、毎度のお手入れで済みますので、整備は1時間もかかりません。あまり走り込んでいない感じの状態でしたが、箱から出した状態で展示?してあったような感じで、そこそこ屋根の綿棒掃除を実施して綺麗に蘇りました。

f:id:abebecchi:20170525000439j:plain

 さて、このマシンに似合うダブルデッカの客車は、ズバリの製品があるわけなのですが、マシンと違って各社発売のなんちゃって製品が多くて目立つ状態です。

 ズバリのHobbytrade社の経営が御多分にも漏れず不安定らしく、日本では入手が難しい状況が続いているようです。穂のでんには2両のみしか入線しておらず、牽引機が手持無沙汰していますねえ。模型も実物も、ダブルデッカー車は容易ではないのでしょうかねえ。

 

更にいじりました

使いまわし

 デコーダの使いまわしなどの整備が今回のメインだったので、このマシンも対象となりました。

f:id:abebecchi:20170522234326j:plain

 最近再発売されたようですが、それに合わせるため本マシンもサウンド化。

 

これもいじりました

手入れが続く

 今年のGWは、なぜか既存車両の手入れに没頭していた感があります。

f:id:abebecchi:20170521205921j:plain

 このマシンも特殊マシン。

もう少しあります

鉄コレも

 昨年末の毎年恒例上大岡デパートでの催事品。

       f:id:abebecchi:20170521002953j:plain

 これも連休中に整備。先にお手入れした新600系は、これの相棒。

GWの成果が・・

静かな休日続く

 今年の黄金週間は、前半と後半とキッチリ分かれました。カレンダー通りの営業日だったので、まあ普通にお休みできたパターンでしょうか。

 連休の谷間に銀座4Fを覗いて、手ごろなマシンをゲットしお手入れをしました。

f:id:abebecchi:20170519234323j:plain

 毎度のメルクリンホビー。税込みでも福沢先生で釣りが付いてきます。整備内容は、これも毎度おなじみの内容。どうしたものでしょう。

 

PIKO 59181 MRCE 193 610-3 'Siemens 22000' Ep.6 その2

手入れもきちんと

 記念機なので、それなりの手入れをしました。パンタグラフの色替えは実機に合わせるための必要作業。

f:id:abebecchi:20170518233543j:plain

 直近の新開発製品は、随分と細密なパンタグラフに変わっていますが、このヴェクトロンは直前に開発された製品につき、ガイシの表現がきちんとされているにも関わらずタスキ部分は従来通りの針金曲げ方式。ゾマフェルドチックな作りです。

 でも色差しで随分と雰囲気が変わります。

f:id:abebecchi:20170518233752j:plain

 特高配線にも、ガイシ上部の固定金具部分にはシルバーの色差しをしたり、無線アンテナにも色差しをすることによって、見栄えの向上が図れます。

 これから続々と主要メーカの製品が市場に出回りますので、見劣りしないように整備は続きます。

f:id:abebecchi:20170518233917j:plain

 穂のでんのヴェクトロンマシンとしては、初めてサウンドデコーダを装備しました。Last-mile Dieselのサウンド、バッテリ走行のサウンドも入っているので、とても面白いマシンであります。

f:id:abebecchi:20170518234119j:plain

 音量も十分にありますので、運転会などでは日本型に慣れた方々にはびっくりするような、百鬼夜行の活躍が期待できそうです。

 

・・・おしまい