穂の原でんしゃ製作所

鉄道模型を楽しくカンタンに工作したい方にオススメ。

LIMA SNCF VB2N

穂のでん最古参

 穂のでんの海外HO車両の入線は1979年。当時は各地のデパートには必ず16番の鉄道模型売り場があるという、意外にも16番が入手しやすい環境でありましたが、流石に海外モデルの入手は至難の業だったようです。ただ、メルクリンは大手デパートに専門の売り場が設けられていることがあり、逆に「高価であったが」入手できる環境だったようです。

 そのような売り場は年々減っていき、当時のようなデパートの海外製鉄道模型売り場は、今や日本橋高島屋にあるくらいでしょうか。いつも開店休業のような感じですが。

 さて、その70年代に入線した一族に、なぜか当時の日本では珍しい形状のバイレベルのウェンデツーク用制御車が混じっていました。

f:id:abebecchi:20170920232027j:plain

 フランス国鉄のVB2N系列です。リマの製品です。90年代までホビーシリーズとして生き残っていました。

f:id:abebecchi:20170920232120j:plain

 リマは、なぜか近所のおもちゃ屋でも16番の新幹線や103系が販売されていたという、実に不可思議な存在のメーカーでありましたが、そのトイ感丸出しの海外型車両が穂のでんに居たのは、偶然の産物。

f:id:abebecchi:20170920232243j:plain

 なぜかリマ製が多く、メルクリンやエレクトロロレンも混じっていました。その中でも、この客車はなぜか1両。一部破損していて、おまけで貰ったらしい。当時親父がスペインの出張に行った時に現地のデパートで調達してきたもの。

 日本の模型と違って、プラ製ということもあり、プラレールの如くガンガンに走らせて遊んでいたものでした。

 それにしても1両だけで、このまま過ごすのでしょうかねえ。

 

探してみれば

クモハ100-186

 あまり撮影をしなかった浜川崎線の車両。探してみればありました。

f:id:abebecchi:20170919232624j:plain

 ナハのピット内に収まったMc188+M'c186のユニットになります。この当時はすでに廃止された台検の設備がまだ残っており、しっかりとリフティングジャッキが備えられていました。

 この頃までは、各電車区で電車を解艤装する能力が残っていたわけで、この後どんどんと区所の技術力が低下していきます。

TOMYTEC 鉄道コレクション JR101系南武支線

これも2種

 浜川崎線の101系と言えば、4本ありました。

 4本?といわれると、違うではないか!と怒られそうでありますが、3本ではありません。4本です。国鉄末期の合理化で1ユニット削減されてしまったのです。

 クモハ101でいえば、130,150,180,188です。このうち150のユニットが削減されてしまいました。

 これら4ユニットとも、支線に入る前は本線で、しっかりとそれぞれ中間車とユニットを組んだ6連の一部を成していました。本線運用時代は、結構乗車する機会があった個体であります。今でも覚えていますねえ。901,902、18、19、44、51,70,72、77など2ケタのものから、119、130というように進んでいき、163、168などの冷房車へと突入していきます。これらの6連の非冷房車の後期型からユニット替えをして2連になったわけです。101系は他の新系列車両とは異なり、頻繁にユニット替えが行われていた形式でもあります。

 さて、

f:id:abebecchi:20170918194953j:plain

 鉄コレでは最若番のクモハ101である130号車が、2回発売されてた鉄コレで抜擢されています。写真の通り、方向幕がいくつかバージョンがあるらしいのですが、そこまで穂のでん坊やはチェックすることはしませんでした。

f:id:abebecchi:20170918195528j:plain

 後期型ではありますが、抵抗器の耐雪ブロアカバーはJR化後まもなく撤去されてしまっていて、その姿が再現されています。昭和の時代は、新聞紙を巻き込んで走る姿が結構見受けられていたものでした。

 そうですねえ、駅の道床は昭和の時代よりも格段にキレイになりました。昔はタバコの吸い殻がひどかったものです。ボヤ騒ぎは頻繁にありましたが、現代のようにニュースになるようなことはありませんでした。日常茶飯事だと、ニュースになることもないのです。

f:id:abebecchi:20170918195852j:plain

 さて、こちらの101系の場合、屋根の色は同じです。

f:id:abebecchi:20170918195914j:plain

 あえて変える必要もなかったのでしょう。簡易冷房改造された際に、屋根布からロンッテクスに塗り替えられています。

f:id:abebecchi:20170918200006j:plain

 101系は延命工事などの集中更新工事対象にはなっていませんでしたが、なぜか浜川崎線の編成は、あちこちと更新修繕が施工されています。化粧板交換、ケ込み板交換、カーテンケース交換、床敷物張替え、などなど。

f:id:abebecchi:20170918200208j:plain

 そして最終的には201系と同様、妻窓埋め込みまで施工されてしまいました。ここが今回の製品の数少ない差異部分。表記は新発売品の方が綺麗に印刷されています。

f:id:abebecchi:20170918200309j:plain

 シルバーシート標記の廃止も、しっかりと再現されています。

f:id:abebecchi:20170918200351j:plain

 この簡易冷房改造、結局どうだったのでしょう。

f:id:abebecchi:20170918200444j:plain

 改造の手間が省けるということで、103系や115系では区所で外注業者による施工という工事が出来たことが、最大の利点かもしれません。

f:id:abebecchi:20170918200541j:plain

 しかし、この101系については経年という面やP改造もあったため、金沢への入場改造となったようです。

f:id:abebecchi:20170918200635j:plain

 当時の経緯は知りませんが、そこまで101系を使い倒す必要があったのでしょうかねえ。

 まあ、使い易い車両であったことは事実ですので、当時流行った変な電車を開発されてトラブルで苦労してしまうよりは、こちらの使用をナハが希望したのかもしれません。

 いずれにしても、この冷房化で活躍期間が延びたのは事実でしょう。

 

TOMYTEC 鉄道コレクション JR205系南武支線小田栄駅開業仕様

浜川崎線であります

 最近は「浜川崎線」と案内されることも無くなり、尻手~浜川崎の区間の呼び方が微妙にしっくりいかないことが続いています。

 やはり地元民にとっては、浜川崎線という愛称が残った方が、判り易くて良いのであります。

 で、発売が少々早まり、朝にクロネコ便で届きました。

f:id:abebecchi:20170917184950j:plain

 昨年春に、浜川崎線の小田操車場跡近くに開業した「小田栄駅」仕様という謳い文句。少々こじつけの商品名感がありますが、要は瀕死の状況が続いていた浜川崎線も、近年沿線の再開発が続き、住民による使用頻度が増え、それなりに駅を開業できる状況になったわけでありまして、それに合わせて使用されている205系も多少手入れをしたわけであります。

f:id:abebecchi:20170917185223j:plain

 といっても、ナハの車両は横浜支社の努力により、どの形式も常に何らかの手入れが少しずつ行われていて・・・

f:id:abebecchi:20170917185315j:plain

 今回の外観上の変化は、先頭寄りの帯にイラストが入ったくらい。

f:id:abebecchi:20170917185353j:plain

 ベビーカーのステッカーが増えたなどというのは、開業とは関係ない改良でありますし、腰掛のモケットが変わったとか、床が貼り替わったとか、室内灯がなぜか本線に合わせてパナの直管式LED照明に交換されたなどというのは、模型とは関係ない話。この6両をLED化するくらいであれば、N36をさっさとLED化してしまうのは、訳無いでしょう、という感じでありますが、放っておいても自動的にLED化されていくでしょう。既にウラの編成はFLRが手に入らなくなったおかげで、LEDとFLRのパッチワーク車両も出現しています。

 さて、浜川崎線と言えば、鉄コレでも人気路線のようでありまして、

f:id:abebecchi:20170917185742j:plain

 歴代の製品。17m車はカトーから発売されてしまいましたし、黄色い2両は・・・そういえばまだ発売されていませんでした。

f:id:abebecchi:20170917185908j:plain

 今回発売された製品は、屋根の灰色が濃くなっています。現車がロンテックスの補修がされて、日焼けがなくなった、ということの表現でもしているつもりでしょうか。

 先頭化改造された205系。ナハの6連は南の島に渡ることなく廃車されたようですが、まだまだアチコチで仲間が活躍中です。ココの2連3本は、少々異色な存在でありますが、カム軸をカクカク鳴らして走らせる、貴重な直流機となってきました。

f:id:abebecchi:20170917190245j:plain

 製品は、プリントが違うだけです。

f:id:abebecchi:20170917190314j:plain

 同じ車番の車両のバージョン違いの発売は、鉄コレでは珍しいかも。普通は違う編成を模型化するような発売方法なので、今回は大窓の編成を期待していたのですが・・・。

f:id:abebecchi:20170917190421j:plain

 そうはいっても、代替の2両編成が登場するようなこともなさそうなので、また10年後くらいに、更に改造が加えられたような製品を発売するつもりでしょうかねえ。

f:id:abebecchi:20170917190508j:plain

 現車が今後どのような変貌を遂げていくか判りませんが、故障も少なく、手入れもしやすい直流車両は、技術水準の維持には比較的相応しい教材にもなりますので、末永い活躍を皆で期待いたしましょう。

 

TOMYTEC 鉄道コレクション クモハ123-1 晩年

 クモニのなれの果て

 国鉄末期に無い振り構わず登場した旅客電車。その第1号車も今となっては過去の電車。鉄コレでは改造当初の姿と晩年の姿2形態が、発売時期を違えて登場しています。

f:id:abebecchi:20170916194901j:plain

 穂のでんでは登場時のスタイルモデルはチビ所有に転属しましたが、晩年スタイルは何故か整備されて机の上に鎮座しています。

f:id:abebecchi:20170916194943j:plain

 別に愛着がある車両でもなく、実車は一度しか見たこともなく乗ったことも無い存在。でもなぜか勢いでNゲージ化の整備がされてしまっています。

f:id:abebecchi:20170916195043j:plain

 1両でクローズする単行車。そのため連結器の整備をする必要もなく、クモニのようにTNカプラーを実装できるスカートに交換するという、トレジャーのスカートを探しまくる苦労も必要なく、簡単に整備できてしまったという偶然の産物。

 これぞ1M車の愛される理由でしょうかねえ。

 

PIKO 59150 RheinCargo 185 589-9 'Luther 500' その2

色差しがメイン

 パンタグラフは、とりあえずメルクリンからの捻出品を利用しました。

f:id:abebecchi:20170914232243j:plain

 ピコオリジナルのパンタと近いので違和感が無いのですが、折角なのでロコのパンタに交換したい心境。今度発売されるピコのベクトロン用グレードアップパンタが穴に合えば、それでも良いかもしれません。

f:id:abebecchi:20170914232421j:plain

 特高配線は、バーの部分の銀塗装、クランプの黒塗装と、準備工事の座の塗り分けを加えることで、ロコやA.C.M.E.並の見た感じとなります。

f:id:abebecchi:20170914232521j:plain

 やはりパンタは再交換したいところ。 このマシンのラッピングはミラーベースと回転ベースがミックスされています。

f:id:abebecchi:20170914232633j:plain

 なかなかの雰囲気ですが、少々プリントにずれが発生しているようです。

f:id:abebecchi:20170914232716j:plain

 カメラの調子もイマイチ。そう、今回から新品カメラとしました。またも使い勝手とバッテリのタフさを重要視してカシオとしましたが、現行のひとつ前の昨年モデルをヨドバシで買いたたきました。ヨドバシでもしっかりと値引きしてくれます。関西では当たり前の購入方法ですが、関東では、あまり店頭で値引き交渉をする客は少ないようです。つまらんです。

 もう少しいじくりまわして、このカメラの特性を把握したほうが良さそうです。

f:id:abebecchi:20170914232949j:plain それにしても、色差しするだけで、随分と見栄えが向上する製品です。ピコの製品は、そのような楽しみがあるので、魅力が多いのであります。

 

・・・おしまい。

 

 

PIKO 59150 RheinCargo 185 589-9 'Luther 500' その1

宗教改革500年記念塗装

 マルティン・ルター宗教改革から500年という区切りの年だそうで、それを記念するラッピングカーが実機で登場しました。デザインはLoc&More社なのですが、モデルの発売がピコという珍しい組み合わせです。

f:id:abebecchi:20170912225035j:plain

 確かに、このモデルでは競合が多い車種となりますが、穂のでんにとっては廉価でそこそこのクオリティのピコから発売されたのは、ウレシイことであります。

 折角なので、今まではピコマシンのTRAxxについてはLokSoundの中古品を流用ということで、何となくのサウンド化改造をしてきたわけですが、遂にこの7月にESUのHPでTRAxxの新バージョンのサウンドファイルがアップされ、初期車と後期車の異なるVVVF音を選択できるようになったので、新品のV4デコーダを奢ってしまいました。

    f:id:abebecchi:20170912225455j:plain

 最近凝ったラッピング車が続出するなかで、どちらかというとシンプルにまとまった感のある今回のデザイン。何となく500ユーロ紙幣感のある雰囲気の印刷。

    f:id:abebecchi:20170912225747j:plain

 といっても実在の紙幣はありません。ちょっと面白いです。

 

・・・次回へ続く。