読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

穂の原でんしゃ製作所

鉄道模型を楽しくカンタンに工作したい方にオススメ。

意外に負傷していました

暴走か転落か?

 下回りは順調にいったので、車体側の手入れをします。バッファの欠品はスペア箱から部品を取り出してきて、準備完了。穂のでん標準の1端ダミー化のため、結局のところ少し破損していたフロントビームパーツは使わないので、袋入りのオプションパーツを使用するだけでOK。

 折れている前面手すりは接着剤で復旧して完了かと思いきや・・・

f:id:abebecchi:20170401232317j:plain

 反対側の2端先頭部をよく見ると、あちこち細かい傷が入っていました。1か所は外板部のプラが凹んでいて、何かに強くぶつけた感じ。反対側の前面のエッジ部分も、一部色が消え地肌が見えるくらい擦られていました。

 また脇手すりも両側とも一部塗装が剥げ、真鍮線の地肌が見える状況、また床下砂箱も1個折れて無くなっていました。

 ということで、これは結構すごい暴走事故か、転落事故などで受傷したような感じに見受けられますが、推察でしかありません。念のためアチコチ見てみましたが、パンタホーンが1か所曲がっている意外は発見できず、まあ修正可能な状態で済みそうです。

 ということで、パテと塗料も準備して、修復作業を開始。

f:id:abebecchi:20170401232751j:plain

 筆による色差し後、3Mのブロックやすりやミガキだしウェスなどを用いながら、ツヤの色調を周囲と合わせるようにし、目立たなくなりました。 ヤレヤレ。。

 これで手入れが完了しましたので、車体と下回りをドッキングさせて、手入れ作業は完了となります。

f:id:abebecchi:20170401233151j:plain

 無事に動くようです。まあ、復元出来て良かったということで、

f:id:abebecchi:20170401233258j:plain

 仲間のEG3100が完成を祝ってくれました。