読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

穂の原でんしゃ製作所

鉄道模型を楽しくカンタンに工作したい方にオススメ。

ESU 31021 DB 215 009-2 Ep.4 その2

選定はタルキスで

 215型というチョイスも渋いですが、初回発売は一気に2色。穂のでんでは華やかなブルー&ベージュ色が入線しています。

f:id:abebecchi:20161024213140j:plain

 ボディはダイキャスト製で、重量感たっぷり。ディテールは現行のロコ程度(というか、発売後にロコがESU製品にレベル合わせするよう全面改良した)。いわゆるV160ファミリーはポピュラーな存在のため、151型と同様各社での発売時期が70年代と早期のため、製品としては古臭いレベルの再発売が続いていました。

 その中で、このレベルの製品が発売されましたので、各社は相当焦ったでしょう。

  ESUよりも1年早く、全面改良してBR218を発売したメルクリン/トリックス製品は、出来も良く細密感も以前よりも増し、好製品として人気が出そうな感じでしたが、翌年にこの製品が発売されたためか、一気に塗り替え製品濫発の状態になってしまいました。

f:id:abebecchi:20161024213803j:plain

 ルーフ中央のグリルの部分には小判型スピーカが設けられ、大きなサウンドが得られます。煙突には発煙装置が装備されていて、オイルをスポイトで注入しファンクションをONにすると、走行に応じて白煙たなびく走行が可能となります。

 この白煙が、実にオイリーな香りで、まさに実物の横にいる雰囲気が味わえます。

 

・・・・次回へ続く。