読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

穂の原でんしゃ製作所

鉄道模型を楽しくカンタンに工作したい方にオススメ。

DBAG 110 489-2 Ep.6

最末期の標準形

 秋の夜長の第2弾が漸く完成となりました。

f:id:abebecchi:20160327201052j:plain

 110型の489号車。このマシンは長らく高速仕様の112→113型で優等列車の牽引機として活躍していました。1994年に一般仕様に改装されてから、主にドイツ北西部でのローカル運用に使われていたようです。

f:id:abebecchi:20160327202805j:plain

 ウェンデツーク用のジャンパ栓の追加、笛をラッパに交換などのローカル仕様の小改造が加えられています。

f:id:abebecchi:20160327204322j:plain

 今回ネタとなったのは、銀座4Fからやってきた、この3線仕様のロコマシン。この2線仕様はすでに穂のでんに所属しているので、このマシンを化けさせました。

f:id:abebecchi:20160327204449j:plain

 更新スタイルの形状でしたので、塗り替えがメインとなります。その他手入れをした部分は・・・

 ・前面窓を他のマシンと振り替え(枠色が黒のものに取り換え)

 ・笛をラッパに交換(111型の旧製品のものを使用)

 ・側面のルーバーを連続ルーバー(かつて紹介した3Dパーツ)に交換

 ・制御用ジャンパの追加

 ・パンタシリンダをカバーなしパーツに交換

 本機の活躍を期待します。