読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

穂の原でんしゃ製作所

鉄道模型を楽しくカンタンに工作したい方にオススメ。

TOMYTEC 鉄道コレクション 東京急行電鉄8000系 その5

魔の大量レタリング

 前面窓のHゴムが黒いのが全く気に入らないので、灰色の色差しをします。

f:id:abebecchi:20160217214748j:plain

 左側が色差し後、右側が色差し前です。灰色のHゴムは経年に弱く、5~6年も使用していると表面が脆化してボロボロになりました。現在はHゴムを使用する場合は黒色のクロロプレンゴムを使用し、比較的経年にも強くなっています。

 8000系については、方向幕の自動化工事に合わせて、Hゴム類の交換が行われ、灰色から黒色になっていました。

 今回再現する編成は、方向幕自動化前の編成姿ですので、Hゴムはすべて灰色化します。

 

 さて、この時代の東急の両扉車の外見的な特徴のひとつに、扉窓のステッカーがあります。ちょうど8090系が登場する直前から変更が始まって形が変わりましたが、それより前の1970年代の代表的なスタイルが決まっています。

 ちょうどトレジャータウンから、このインレタが発売されていますので、今回はこれを使ってみることにします。しかし穂のでんはインレタの施工を不得意とする工場でして、扉の枚数が大量であることと、腕の悪さで、四苦八苦することになります。

 

・・・次回へ続く。