穂の原でんしゃ製作所

鉄道模型を楽しくカンタンに工作したい方にオススメ。

ÖBB Webshop RailAD 1116 130 "Front runner" Ep.6 その1

販売を止めてしまったので 折角タウラスの色々なラッピングをして、モデルも発売するという、一種の理想的な商売をしていたRailADが、模型の販売を止めてしまったので、そのモデルも市場在庫分しかない状態になってしまいました。 といっても、販売数が3ケ…

ミレナリオの残照

楽しむ暇も無し 「ミチテラス」なるイベントに衣替えしてから、まともに年末の街散歩を楽しむイベントでは無くなってしまったので、それよりも前の時期に、帰宅までの間のひとときを楽しむことにしています。 駅前広場も完成しましたので、この時期でもカメ…

PIKO 71081 DBAG 101 112-1 "Rheingold" Ep.6 その4

他のショットも 扱いやすいモデルですので、運転会に引っ張りダコになりそうです。 もちろんアナログ運転でもサウンドが楽しめます。 来年の学祭は、外周をデジタル化する計画があります。 そうすると、一気に穂のでん所属の車両の運用も範囲が広がります。 …

PIKO 71081 DBAG 101 112-1 "Rheingold" Ep.6 その3

手入れは同じ 今回もパンタグラフの交換が最大の手入れになります。 ピコのベクトロン用パンタグラフのパーツがようやく再生産されましたので、やっと入手が容易になりました。他には1エンドのダミー化と床下の色差し。 見栄えの悪い車輪は今回も交換見送り…

PIKO 71081 DBAG 101 112-1 "Rheingold" Ep.6 その2

ラインゴルトカラー さて2年続けての4月バカですので 並んでみました。同じ車番なので実機ではフェイクをしない限りは有り得ないです。 また、2年立て続けのモデル発売ですので、仕様の変更は少なく・・・ 外観上の仕上げ手入れも同じにしておく必要があ…

PIKO 71081 DBAG 101 112-1 "Rheingold" Ep.6 その1

今度は赤で 昨年は実車の登場後にしばらく経ってから製品化された4月バカ。 今年は製品化発表と実車のラッピング貼替が一致していたため、今まで以上に計画的犯行?という宣伝になりました。 2線式はピコ、3線式はメルクリンという棲み分けも前回と同様。…

年末のお歳暮

楽しみのチョコ デュッセルドルフ近郊のお店は、この時期の荷物にはお歳暮を入れてくれます。 今年のデザインはこれ。 まだ、同店のHPにはこの写真の御挨拶は掲載されていませんが、来週あたりからアップされるのでしょうか。かれこれ20年近くも利用して…

東京地下鉄6000系

ハイフン登場 名門、汽車会社が送り出した唯一の試作6000系。 前面貫通扉が前方に倒され非常口の階段脱出ルートになる構造は、アジアの地下鉄の標準形になりました。 といっても、この前面構造の運転室モックアップは雑誌写真によると日車で製作されてい…

東武5050系

鉄コレ第27弾 今回の鉄コレは、大手私鉄の「車体更新」シリーズ。実に趣のあるラインナップでした。 穂のでんでは、この中で最も縁の薄い近鉄は、迷走者さんへ早速4両転属し、残りを整備していくことになります。 東武5050系は、つい最近までツリカケ…

運転会の後に

プレ打ち上げ第1回 少し前から日本の模型界内を震撼させていた方南町のお店の閉店のお知らせが、先月発売の雑誌で公に告知され、一定の分野の方々で大騒ぎになっているのは皆さんご存知の通り。 公になる前に必要なパーツを探しに行こうと思っていたところ…

運転会最終日は

色々走行す 以前は3日間もあった学園祭も、近年は2日間に縮小され、とても健全なものになってしまっています。 KATOのゴハチが12系を牽引して快走中。パンタが上がらないのは、小さな神の手対策であります。 これはカンタムでしょうか。 銘板類がC…

初冬のいちにち

ようやく休養 やっと休養が確保できる休日になりました。散歩がてら久々に新鶴見へ。 陽が低いので、あまり光線状態は宜しくありませんが、ポカポカ日和になりました。今日は66が結構居ましたが、珍しく貫通扉を開放した65が。 2086号機さんは出庫前点検…

何となく撮る

N30とN3 ところで、南武線には路線名の表示が必要なのだろうか? 昼間は下りは立川行きばかりになっているので、各停と快速の区別が出来れば良いのだが・・・ 朝夕は行先がたくさんあるし、ましてや昔と違って速度が落ちないと側面表示が表示されないの…

運転会のマシン たくさん

コテ先職人さんの作品 その2 北海道で、汚れていることが重要という作風です。 キハであっても、サウンドデコーダはこの編成で3組使用しています。 あと3両ありまして、55-10前のフル編成となります。先頭が900番代という特異な車両。今度カトーから発売…

運転会のマシン たくさん

コテ先職人さんの作品 その1 北海道が専門のコテ先職人さんは、DCCサウンドマシンが標準です。 普通のデコイチのように見えますが、煙突が細長いドイツタイプのナントカという形状の変形機。 有名でメジャーなC62の3号機ですが、煙室扉前の予備灯付で、…

運転会終わる

色々出現 妙に忙しく、体が追い付きません・・・ 初日のカマが、これだけだったのが・・・ 初日の本線も、朝ではこれだけだったのが・・・。 ・・・次回へ続く

運転会始まる

今日はクハクハ ここのところ、準備でバタンキューが続きました。 さて、いよいよ今日から学園祭が始まりまして、皆さんの16番が年に一度の稼働を致します。穂のでんも16番とHOが参戦します。 穂のでんスタイルに編成を縮小している石灰列車は、まだと…

クモハ51200ほか

静ママ構内 さらにレンズの向きを変えると、丸妻の先頭車がたくさん居ます。 奥にはクモハユニのお顔が見え隠れしております。 これだけのツリカケ車をお守りするのも大変でしょうが、昔はこれが当たり前。常に車両とお話ししながら調子を見るのが、鉄道員の…

クハユニ56002

静ママ 既に119系の営業が始まっている頃です。 豊橋機関区の80系が先に引退し、伊那松島機関区の戦前型はマダマダ活躍していました。 この相棒はクモハ51200になります。いずれも、この3カ月後には引退しました。

TOMYTEC 鉄道コレクション 西武鉄道30000系ぐでたまスマイルトレイン その2

サラリーマン電車 池袋寄りの先頭車は やる気の無し夫です。出勤するのがイヤでたまらないサラリーマン顔です。 毎日混雑する電車に乗って会社に行くのはウンザリであります。 飯能寄りの先頭車は、にこちゃんです。 愛する家族の許に、さっさと帰ることがで…

TOMYTEC 鉄道コレクション 西武鉄道30000系ぐでたまスマイルトレイン その1

たいへんやる気がございません 学園祭を来週末に控え、いよいよレイアウトに使用する線路の整備が佳境を呈してきました。 こちらのやる気無し夫はNゲージですので、走行するチャンスは無いのですが、そこそこの手入れはしておきます。 さて、天気の良い土曜…

晩秋の日々

やっと秋晴れ続く 今年は塩害により樹々の紅葉がイマイチの関東地方。更にどんより曇る日々が続き、漸く今週になって晴れ間が広がりました。 といっても、夏以降の変な忙しさは継続。今週もやけに変な日々を過ごします。 それでも、展示会のお呼ばれしたので…

PIKO 51582 DBAG 147 553-2 Ep.6 その3

地味に活躍 ICEではないので、バイレベル車のICが営業を始めたことは、あんまり日本では話題にはなっていない感がします。 というよりも、高速鉄道があちこち出来たため、いまや日本の新幹線と比較して、何ていうニュースにはならなくなったのでしょう。客…

PIKO 51582 DBAG 147 553-2 Ep.6 その2

いつものお手入れ ピコのTRXX3も既に3年も前から導入が始まっていますので、お手入れをする部位は既に決まっています。 パンタグラフを外して、ガイシの色差し。そして特高配線のガイシの色差しと配管押さえクリートの黒色色差し、接続金具の銀色差しになり…

ぐでたまでやる気無し夫

黄色いスマイルに騙されるな さてさて、電車道のED16やEF58など、暫く旧型電機の手入れをすることが多くなっていますが、PS14を準備しました。 すでに長期在庫品は使用してしまったので、新しい製品を調達です。と言っても天賞堂のPS14は構造が変わらず現在…

PIKO 51582 DBAG 147 553-2 Ep.6 その1

IC用マシン どうしてTRAxxが、わざわざ高速列車用の専用マシンになるのか、イマイチピンときませんが、現に増備されているので、それはそれで良いのでしょう。 ということで、ウソ電ではないホンマモンです。かつて101型のこの塗色のモデルが発売になった…

クハ204-78

当時は蒲田電車区所属 南武線と同様中古車の吹き溜まりだった横浜線も、平成になってから新車が直接投入されるようになりました。この頃は関東地区は東京圏運行本部制だったため、所属は国鉄時代と同様蒲田電車区。 最近、旧蒲田電車区のピットの建屋の解体…

103とE233

同じ場所 同じアングルで撮ればイイだけなんだが。 いまでは懐かしのブタ鼻。愛嬌があって良いです。 いまだに同じ形状のアンテナ。中身は違うと思うけれど。最近の欧州の製品は、それなりに芸術的形状になってきています。あとは、柴田式密連。これは換えよ…

EF71 7

奥羽本線 TomixからEF71が発売されてしばらく経ちました。穂のでんではあまり縁がない機関車なので入線することはありませんが・・・ 一応、新幹線になる前に何回か乗っていました。

これも550番代

ICカラーのマシン ボンバルのTwindexxは、電車あり客車ありのバイレベル車ですが、客車版はIC用にまずは準備されました。 その牽引機は、以前紹介した通りTRAxx P160 AC2のシリーズですが、 客車が増備されるにつれ、長距離のICにもバイレベル車が進出す…