読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

穂の原でんしゃ製作所

鉄道模型を楽しくカンタンに工作したい方にオススメ。

大宮のイベント2017

OM会場の今日 サイタマという名称は未だに違和感を感じ続ける神奈川県民ですが、大宮と言えばスッキリします。ということで毎年恒例のイベントとなった感のあるOM公開に出向きました。 駅から延々に続く大群の列に加わり、ウナギ床の敷地を一回り。 今年は、…

Märklin 36612 Metronom ME146-18 Ep.6

ホビーの派生 GWに銀座4Fで探した格安ホビー。いつものように簡単なメルクリンの2線式化改造でDCCマシンに生まれ変わり。 デコーダは結局mSDを使用するので、mfxでもDCCでも、どちらでもOKでありますが、CV値を書き換えてDCCコントローラではmfxと認識で…

更にいじりました

使いまわし デコーダの使いまわしなどの整備が今回のメインだったので、このマシンも対象となりました。 最近再発売されたようですが、それに合わせるため本マシンもサウンド化。

これもいじりました

手入れが続く 今年のGWは、なぜか既存車両の手入れに没頭していた感があります。 このマシンも特殊マシン。

もう少しあります

鉄コレも 昨年末の毎年恒例上大岡デパートでの催事品。 これも連休中に整備。先にお手入れした新600系は、これの相棒。

GWの成果が・・

静かな休日続く 今年の黄金週間は、前半と後半とキッチリ分かれました。カレンダー通りの営業日だったので、まあ普通にお休みできたパターンでしょうか。 連休の谷間に銀座4Fを覗いて、手ごろなマシンをゲットしお手入れをしました。 毎度のメルクリンホビ…

PIKO 59181 MRCE 193 610-3 'Siemens 22000' Ep.6 その2

手入れもきちんと 記念機なので、それなりの手入れをしました。パンタグラフの色替えは実機に合わせるための必要作業。 直近の新開発製品は、随分と細密なパンタグラフに変わっていますが、このヴェクトロンは直前に開発された製品につき、ガイシの表現がき…

PIKO 59181 MRCE 193 610-3 'Siemens 22000' Ep.6 その1

記念機 Siemensのマシン22000両記念として、2015年の落成時からこの姿を纏っています。 当初はDispolok 所属でMRCEにリースされ活躍していましたが、毎年所有者が変わっているマシンのようで、現在ではDB Schenkerが所有しているようです。でもデザインは変…

PIKO の Vectron

先手必勝? ジーメンスのヴェクトロンシリーズも愈愈多種多様な事業者にばら撒かれていますが、模型界では漸くメルクリンとロコが新製品として発売をしかかっている状況。 その中で早々に製品を世に送ったピコは、実機同様様々な製品を送り出し、まさに先行…

Roco 73439 LGS 151 074-2 Ep.6 その2

細部は適当 改良製品はパーツも増えて細密化されています。 細密化されることにより、気を遣う必要も出てきたりするのですが、特に欧州モデルの場合は収納箱にも気を遣うことが多く、少々面倒なものです。 ロコの場合は最近黒スポンジの収納に統一された感が…

Roco 73439 LGS 151 074-2 Ep.6 その1

新色ゼブラの登場 おなじみLocomotionのゼブラ塗装、青から始まり赤や白などのゼブラで、特にTRAxxマシンでは大量に発生していますが、DBの旧型マシンも加わって様々なバリエーションが展開されています。 その中で昨年新たに151型の74号機に登場したゼブ…

ゼブラの新種

グリーンだから 昨年発売のブルーに引き続き、実車も登場した初めてのグリーンゼブラが早速登場しました。 並べてみると、ゼブラ以外の部分でも微妙に仕様が異なるようです・・。

今年のメルクリンの貨車

2題 今年のメルクリンの2軸貨車が2題、銀座5Fのお姉さまのお店に連休前に入荷しましたので、受け取りに出向きました。 まずはビール貨車。昨年に引き続きグレードアップ品での発売。 こちらのお菓子貨車は、従来通りホビーシリーズ。 ちょっと早く入線し…

ドーピングの1曲

引き続き・・・ 昨日の5番の効果、全く眠れず元気な24時間を過ごす羽目に・・・ 本日の1曲、続きのドボルザーク9番、録音は1954年、ベルリン歌劇場管。 戦後クライバーが復帰した時の録音ですが、かなり灰汁のある演奏。面白いですがちょっとねえ、…

今日の一曲・・・

クライバーの第5 クライバーといっても、カルロスではありません。父クライバーです。 エーリッヒ クライバー指揮 ケルン放送管弦楽団 ベートーヴェン第5交響曲 1955年4月録音。 連休明けには良い一曲。

PIKO 51802 DBAG 103 509-7 Ep.5 その2

ギミック入り デジタルサウンドマシンが入線しましたので、付属パーツを取り付ける作業がメインとなりますので車体と足回りを分離する必要がありません。 主な作業はZ21にファンクションを登録してあげることです。付属の説明書に各ファンクションごとのサウ…

PIKO 51802 DBAG 103 509-7 Ep.5 その1

今年の大型製品の1群 今年のピコも元気で、DBの錚々たるマシンの新製品が目白押しです。その中で早々にE10.3の一群が発売となりました。まずは原型から発売されましたが、翌月にはこの現行仕様のマシンが発売となり、穂のでんにもやってきました。 509号機…

PIKO 59546 DB 185 389-4 'DB Eco Program' Ep.5

エキスパートシリーズのはしり 今では日本型のプラ製モデルの新製品を矢継ぎ早に販売している淡路町のお店も、神保町にあった頃はピコのモデルを定期的に取り寄せて販売していました。 今ではインターネットでピコのHPに直接アクセスして新製品情報を容易に…

RocoとA.C.M.E.で比較する

TRAxxの場合 お手入れを同時期に行いましたので、並べて比較をしました。 微妙に寸法取りが異なっている雰囲気があります。パーツの細密度はA.C.M.E.が細かいですが、これはメーカーの標準仕様の違いがそのまま反映されているということでしょう。 キャブの…

A.C.M.E. 10030 MAV 480 005-2 'Matei Corvin' Ep.6 その2

印刷が繊細 一見するとゴールドの車体ですが、その部分に透かしのように背景が印刷されているのです。細かいです。 日本の鉄道模型では、なかなかここまで再現することもないですが、ここ2~3年は実物のラッピング車でも、このレベルのデザイン車両が急激…

A.C.M.E. 10030 MAV 480 005-2 'Matei Corvin' Ep.6 その1

ハンガリー語はわからず ライナーやセルの演奏は好んで聴きますが、ハンガリー語は全く読解できず、このマシンに至っては何を書いているのか理解ができません。 A.C.M.E.の昨年の限定品。HPに発売のパンフレットがあることを昨年のトイメッセ後に見てはいま…

Roco 73274 BLS 465 017 'Pink Panther' その3

更に並べてみた さて、ピンクパンサーの2題ということで、 既所属のTRAxxマシンと並びました。 背景の桃色部分の模様は、TRAxxマシンにもあるようです。同じデザインということでしょう。メーカー違い、機種違いですが、同じ雰囲気に仕上がっていて、ロコも…

Roco 73274 BLS 465 017 'Pink Panther' その2

光り物の設定 Re460のLokSound用のサウンドライブラリーは、ESUのHPにありますが、ロコ製品向けではなく一般製品向けという標準設定のものです。HAG向けのものが準備されていますが、少々HAGのデジタル設定は特殊な所がありそうなので、そちらは使わずに・・…

Roco 73274 BLS 465 017 'Pink Panther' その1

またも桃色 TRAxxで登場していたピンクパンサーが、このスイスの標準型マシンにも出現しています。昨年の新製品発売時はスルーをしていましがた、珍しく秋葉原のクマのお店に出品されていて、売れる気配も無かったため入線してきました。 こんなにも早く入線…

GreenMax 4256 京急600形4次車 CU71型分散クーラー搭載車 その5

酷使されます 京急はダイヤの工夫もさることながら、車両の使用方法も柔軟であります。 この4両口の編成は、快特~普通まで、ありとあらゆる運用に使えるので、あちこちで見かけます。 まずは浦賀寄りの先頭車。 800形譲りの塗装は、今では京急の標準色に…

GreenMax 4256 京急600形4次車 CU71型分散クーラー搭載車 その4

取付完了す 先頭車については、アンテナの取付と先頭カプラーの交換が待ち受けています。 まずは先頭のダミー連結器を、TNカプラーに取り換えします。説明書にトミックスの型番指定がありますので、それを用いますが、 この型番は373系用の「2段電連」タ…

GreenMax 4256 京急600形4次車 CU71型分散クーラー搭載車 その3

パーツ取付 モーターユニットは、中間のパンタグラフ付きT車に取付します。 下回りを丸ごと交換すればよいので、楽です。また折角ですのでパンタグラフもトミックスの類似品 C-PS27に交換します。 若干の形状違いはありますが、GMのシングルアームは上げた際…

GreenMax 4256 京急600形4次車 CU71型分散クーラー搭載車 その2

動力ユニットの整備 18m車用の動力ユニットは3種類ほどGMストアの棚に入っていましたが、プラモールドの色違いの3種類です。京急用に良いと思われる薄灰色は在庫が無く、濃いグレーのタイプにしました。 といっても、実質どの色でも良さそうです。TH600…

GreenMax 4256 京急600形4次車 CU71型分散クーラー搭載車 その1

動力化とする 訳あって京急の電気指令式ブレーキ車4両口を探す必要が生じましたが、Nゲージも最近は必要最低限の生産数に絞られてきているため、直近発売の製品くらいしか店頭には並ばない状況になっているためか、特別塗装編成の製品ばかりが目立ち、一般…

Märklin 無番 MRCE 185 566-8 Ep.5 その4

走らせて確認 とりあえず、書き込んだサウンドデコーダは別のTraxxマシンに流用しますが、書き込まれたことを確認するための走行は実施します。 今回、折角屋上の色差し加工を行うので、HARIBOマシンの屋上も色差し手入れを行いました。こういう作業は少しず…

PIKO E10.3 やはりやってくれました

更にギミックの追加 トイメッセの直後に、原型E10.3が発売となりましたが、今月には現行仕様の110.3型が発売となりました。 早速届きましたので、線路に載せてみることビックリ!! といっても、これだけではわかりませんよねえ。穂のでん仕様に手入れをして…

Märklin 無番 MRCE 185 566-8 Ep.5 その3

デコーダの書き換え 一応、21MTCピンのデコーダを使いたいがためにホビー用デコーダセットを用いて基板を交換しましたが、本機はサウンドマシンではなく普通のデジタルマシンとして使用することとして、mSD3は別機に流用することにしました。 ただ、サウン…

Märklin 無番 MRCE 185 566-8 Ep.5 その2

手入れは今までと同じ やることは今までと同じですので、完成品を。 今回は第1/4と第2/3パンタの高さを似た感じにするため、第1/4パンタグラフのガイシはエンドウのプラ製を使用し、第2/3パンタにはゾマフェルドのものを使用しました。結果とし…

Märklin 無番 MRCE 185 566-8 Ep.5 その1

偽モノ? 本日まで銀座4Fで外国物のセールをやっていました。先の蔵出しセールとは少々異なりますが、通常の中古品販売が若干安く入手可能となりますので、覗いてきました。 珍しいものが出品されていましたので、今回1両入線しました。 メルクリンの箱に…

Roco 62842 DB 221 143-1 Ep.4

お馴染みの一機 某ビデオの冒頭に一時期名物若造と一緒に出演していた、オーシャンブルー&ベージュのディーゼル。最近ピコからも発売されておりますが、穂のでんでは倒産後のロコが改良再発売したマシンが入線していますので、スルーしております。 この時…

Roco 73331 DBAG 143 579-1 Ep.5 'S-Bahn'

ようやく入線 143型マシンの在籍車両は以前紹介しましたが、今回漸く待ちに待ったDBAGロゴのSバーン色が再発売になり、入線しました。穂のでんにはDRロゴマシンのみの在籍でしたので、連結できる客車が揃わない状態でした。 今回の製品から、運転台に行先…

L.S.Models “Metropolitan” その3

登場時のシルバー 鳴り物入りで登場した当時の姿を模型化したものです。 モノトーンでまとめられたカラーリングは、今までのDBの特急とは異なる印象を与えました。当初は先頭部のロゴも、メトロポリタン専用のものが用意されていました。 模型としてみると、…

TOMYTEC 鉄道コレクション第24弾 から 717系

今回はシークレット外れ 第20弾では運良くシークレットのクモユ143に当たりましたが、今回はノーマル箱のゲットとなりました。久々の箱買いです。 短編成の近郊型シリーズという感じです。メーカの売り文句はJR30周年記念ということですが、あまり関…

L.S.Models “Metropolitan” その2

制御客車ー現状 メトロポリタンが廃止された現在では、ICEの一列車として塗装も変更され運用されています。 ぱっと見では通常のIC用ウェンデツークの制御車と同じような先頭部ですが、側面の連窓で、この車両の出生が解ります。 窓の雰囲気はICEそのものです…

Roco 63235 DB 044 657-5 Ep.4

蒸気! 穂のでんでは珍しい蒸機。穂のでんの生活圏には蒸機の存在がほとんどなく、強いて言うなら子守歌代わりに近所の新鶴見のD51の汽笛とドラフト音が夜に聞こえてきたという記憶しかありません。 ということで、模型の世界でも蒸機は対象外。従ってDCCの…

Roco 62709 DB Schenker 185 332-1 Ep.6 その2

重連にしてみた たまに見受ける重連を再現。 やはりEG3100の屋根グレーは少し明るめですねえ。もう一度塗り替えしなければならないでしょうかねえ。 でもキャブ横のグレーと同じ色調なので、これで良いのかもです。 こう見ると、ちょうど良い感じなんですよ…

Roco 62709 DB Schenker 185 332-1 Ep.6 その1

整備完了 傷物の修理が完了し、試運転も良好でしたので竣工を迎えました。 この形態のマシンは、穂のでんでは大部分がピコやメルクリンのホビーマシンなどで占められているので、ロコの製品は珍しい存在です。 といっても、実車はTRAxxシリーズという盛りだ…

意外に負傷していました

暴走か転落か? 下回りは順調にいったので、車体側の手入れをします。バッファの欠品はスペア箱から部品を取り出してきて、準備完了。穂のでん標準の1端ダミー化のため、結局のところ少し破損していたフロントビームパーツは使わないので、袋入りのオプショ…

まずは下回りの作業から

サウンド化 アウトレットの半額品。スムーズな動力が気に入って、サウンド化することにしました。車体の手入れは明るい日中にやるとして、昨晩はデコーダの搭載作業とサウンドの書き込み作業。 まずは手持ちのデコーダを8Pソケットに挿入し、さっさとソフト…

銀座4F アウトレット開催中

広告するつもりではないけれど 昨年の蔵出しが結構面白かったので、今年も何らかあるかな~と思い夕方閉店少し前に行ってみました。 昨年と違い、今回は訳アリ品がメインということで、自社製品が多く外国型は最も奥の棚2つのみでした。また現在のRoco青箱…

L.S.Models “Metropolitan” その1

恒例の「並べてみた」 2種類在籍しているので、今度はキャブコントロールカーを並べてみました。 色違いだけのようで、サンバイザーの下し具合など、全く同じ製品となっています。 左右が微妙に互い違いに降りているのは、実に雰囲気が良いのですが、2両並…

L.S.Models 16040 DBAG 101 131-1 Ep.5

改めて登場 このはてなブログの最初期の記事に登場したメトロポリタン用の131号機。その時は本機の画像を詳しくは載せていなかったので、改めて登場することになりました。 登場時は前面にも「メトロポリタン」のロゴが貼付されていました。後年、これが通常…

L.S.Models DBAG 101 各種

並べてみた 色の違いが微妙なので、L.Sの製品を並べてみました。 並べると、OrientrotとVerkehrsrotの違いがはっきりします。 エッチング抜きの細かい表現がされたワイパーが目立ちます。少々寸法的に誇張された表現なようです。 屋根上はすっきりしています…

L.S.Models 16042 DBAG 101 126-1 Ep.5

メトロポリタンのなれの果て 鳴り物入りで登場したメトロポリタン。専用マシンとして130,131号機の2両が準備されていましたが、どちらかのマシンが検査中の予備として126号機も一般塗装のまま、専用の機能が付加された改造がなされ、運用されていたようです…

L.S.Models 16047S DBAG 101 103-2 Ep.5

登場時の姿 調子の悪い120形の後継機種として登場したのが101型。早20年が経ちました。 直線を主体として、若干の2次曲面を用いた先頭部は、それまでのスタイルとは一線を画する斬新なものでした。 最初の3両は、それまでのDB標準色であったOrientrotで…