穂の原でんしゃ製作所

鉄道模型を楽しくカンタンに工作したい方にオススメ。

毎日見られる

38年前と変わらず その昔、通学をしていた頃は毎日朝の東京行き東海道線普通にて運用されていた185系。 まだピカピカの新車だったのですが、今でも毎日の活躍が見られるのは、とてもラッキーでしょう。前任だった153系が25年も経たずして廃車にな…

イイモノ入手

評判高し! 先週発売された本。 表紙からして、変形タイプが多いということは、かなりのマニアック度合いと見受けられるということで、売れ行きも上々なようでして、入手難になる前に購入したいと思いつつ、何故か会社から帰るのが遅くなるという悪循環で、…

プチ外出

来週以降大きく減便 午後から雨が止み、夕方からは陽射しが復活しましたので、出かけることにしました。だが、都内は怪しい状況になりましたので越境は止めて一駅範囲ということで。 コロナ禍の中で、こっそり開業したビル。まだ立入していません。 さて、地…

今日も出掛けず

怪しい雰囲気 天気はイマイチだし、コロナは着実に悪化しているようだし、行政はもう当てにならない対応になっているので、自分の体は自分で守るしかありません。 ということで、今日もすごもりでZoomOB会に出席することになりました。 さて、出掛けもしない…

ん~。。。

机に向かう気になれず 何かと忙しい日々になっています。 相変わらず朝の185系は変わらず。

走ってます

土砂降り 朝夕の通勤時は傘を持っていても使いませんでしたが、昼間は結構な土砂降りになりました。 さて、本日は時間が合いましたので、いつもの真横。 こちらの編成は、外板がくたびれてきています。

台車をいじる

組み合わせを変える 雨でしたので、巣籠です。。。 TOMIXの153系をいじっている過程で、このようなパーツの交換が生じます。 さて、どうなることやら。。

出掛けてみた

完全防護にて 真夏日となった本日。 やけに鉄の目立つ新鶴見だったのは、多分コレ。久々のニーナさんであります。 陸橋下に顔を突っ込んでましたので、出かけるついでのホームから。 そして、ギャラリーの多い中、コンテナが西下していきます。 随分と汚れて…

バッファ修復完了

重要部品 欧州ではリンク式の連結器を使用していることが多く、このバッファは車両間の緩衝をするために重要な部品であります。 ピコのタウラスでは、車体と足回りの固定を、この4本のピンで行っているため、同様に重要な部品となっています。 さて、欠損部…

少し工作する

手を動かすこと 雲行きが怪しく湿気が多い一日でしたので、外出をせず巣ごもりを決め込んで、少しだけ工作をすることにしました。 奥のスイスマシンは先に紹介したものでして手入れ済みですが、Z21への登録作業が残ってますので、まだ仕掛場所置いてあります…

おかいもの

いっぷくついて 行政的には解除ということで、人の往来が急激に増加した週末です。 同時に、穂のでん坊やもお店にストックされていた予約品を受け取りに廻る一日になりました。 梅雨の谷間の、良い天気になりました。 白ナンバー車が居ます。 2094号機さ…

やっと到着

郵便事情 朝晩の通勤電車も徐々に密に近くなってきていますが、東京から南下する方面の路線は、まだテレワーク率が高いのか、先進国的な通勤混雑でなんとか推移していました。 来週以降は気が重くなります・・・。 と言っても、東京駅を過ぎると、ガラガラに…

そういえば・・・

無期限延期へ このコロナ禍に紛れて、4月にこっそりとニュースがあったことを忘れていました。日本的にはどうでも良いのでしょうが、穂のでん的には少々残念なニュース。 こちらのマシンを利用した、ミュンヘン=ニュルンベルグ=エクスプレスの車両の受け…

並べると

そのうち楽しむことに 今年の学園祭の開催は中止となることが濃厚となり、走らせる機会を別に設けなければなりません。といっても家のロフトもそろそろ手狭になっており。。。 複線エンドレス+ヤードで足の踏み場が無い状況になります。 そういえば、このTa…

クモハ101-902

ネタ切れ 梅雨に入りスプレーワークも出来ず、昼間からZoom会合も行い、今日はぐうたらデーになりました。 そのため、何もネタがなく、過去の画像を漁ることに。 テッパクに居る101系。長らく大井工場の門の横に鎮座していましたが、209系試作車に場所…

結合まだ

構想あるけれど 各社微妙に寸法が異なるのが、模型製品の特長です。 その大きな影響を与えるのは、上回りと下回りのドッキングの寸法取りになります。 床板を受けるリブを設けましたが、床板の厚さ、ボルスターの高さ、連結器のパーツの取付高さの設定が、床…

先ずは6面体を完成させる

ついでに色入れでイメージまで 真夏日。テレワークでも窓をあけて強い風で涼みます。 さて、テレワークでも残業というものがあるので、本日のCAD作業は夜のひとときのお遊び程度しかできません。 CAD標準搭載の色見は少ないので、実車とは塗色が違いま…

こっそりと

抜け目なく 真夏日になりました。でもマスクは手放せません。顔は蒸すけど、ノドが弱い穂のでん坊やにとっては、内側はちょうど良い感じ。一長一短です。 さて・・・ ショーケースの片隅にひっそりと置いてあったものを見つけました。このタイプのクハは希少…

悩ましいパンタ周り

部品多すぎ 昭和の時代の電車ですので、今の電車と比べるとパンタグラフ回りの部品はたくさんあります。 ましてや1Mの両運電車ですので、中間車よりも構造物が多くなります。当然屋上機器や配管等を固定するための、屋上機器取付表座裏座なるものの構成品…

屋根上面倒くさ

配管はやめるか 模型作りの屋上パイピング作業は面倒くさいものがありますが、CAD上であってもその手間は変わらないものがあります。 と、パソコンに向かっていても精神衛生上宜しくないので、晴れ上がった本日は散歩に向かいます。と言っても、随分と暑…

やる気ないだけか

ぐうたらなこと 天気がイマイチであるし、コロナの蔓延は着々としているので、出かけることも無く、家で単に過ごす休暇は、ダラダラになってしまいます。 よって、、、 たまにモソモソとパソコンに向かって、少しずつ構築。 屋根上のパイピング類は一体モー…

そろそろ禁断症状か

さて、着手 64のモニタ屋根復旧で久々にDMM.makeを使ったのに刺激されてか、暫くほったらかしになっていたモノに手を付けることに・・・ さて、今週から若干出勤率があがり、テレワークとの併用になってきました。 夜なべ作業は・・・ 当初モデル 今回変更…

ん~~?

ぱっと見どうよ? 週末に塗装したDMM.make謹製穂のでんデータによるEF64のモニタ屋根。 意外に速く塗装が乾燥したので、ちょいと磨いて搭載してみました。 ん~~、隣のモニタとの差が、少々微妙。 中古機で屋根の塗面が若干劣化しているので、あまり差…

久々のDMM.make

止むに止まれず 先日、季節代わりのクーラー清掃をしている最中に落下物発生、整備中のEF64のモニタ屋根を破壊してしまいました・・・・。 凹んだだけでしたので、曲げ直して復旧し、パテとサフで修正しながら綺麗に仕上げたのですが、どういう訳かその修正…

Märklin 36635 SRT 487 001-0 その6

鋳造車体の安心感あり 安普請ちゃんでも、車体はメルクリンのお家芸である鋳造車体ですので、経年上の安心感があります。ただTraxx2までの製品とは異なり、屋根がプラになってしまっていますので、パンタ交換の加工は楽になりましたが、ソリなどの不安は若干…

Märklin 36635 SRT 487 001-0 その5

テレワーク原則は本日までか? テレワークの評価は色々あるけれど、ネット環境がしっかりと整っていれば、現場仕事でなければそれなりに成り立つことが実証されたわけで、今後急速に普及していくかもしれません。 さて、穂のでんの手入れマシンの出場は、テ…

Märklin 36635 SRT 487 001-0 その4

いよいよコロナと共に テレワークは続いていますが、輪番出勤の体制が変化するようです。今後は暫くビクビクしながら、密に近付きつつある東海道線に乗っての出勤となる、危険と隣り合わせの状況になります。 さてさて、黄色いマシンも手入れが終了し、貨物…

Märklin 36635 SRT 487 001-0 その3

まだまだテレワーク さて、手入れの終わったマシンはCS2とZ21へ登録作業です。 CS2への登録は、今となっては必要ないのですが、mSD3デコーダの書き換え作業がCS2で行う方が便利なので、mfx機能で自動的に登録されます。そして、mfx機能を殺してDCCデコーダに…

Märklin 36635 SRT 487 001-0 その2

久しぶりに暑さが戻る さて、黄色いTraxxの手入れが終わりました。 デフロスターの黒色差しを忘れました。でもモールドの表現がありますので、分解する時に行いましょう。 定石の1端ダミー化と・・・ パンタグラフの交換、特高配線の色差しの他、本機は屋上…