読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

穂の原でんしゃ製作所

鉄道模型を楽しくカンタンに工作したい方にオススメ。

L.S.Models 16040 DBAG 101 131-1 Ep.5

改めて登場 このはてなブログの最初期の記事に登場したメトロポリタン用の131号機。その時は本機の画像を詳しくは載せていなかったので、改めて登場することになりました。 登場時は前面にも「メトロポリタン」のロゴが貼付されていました。後年、これが通常…

L.S.Models DBAG 101 各種

並べてみた 色の違いが微妙なので、L.Sの製品を並べてみました。 並べると、OrientrotとVerkehrsrotの違いがはっきりします。 エッチング抜きの細かい表現がされたワイパーが目立ちます。少々寸法的に誇張された表現なようです。 屋根上はすっきりしています…

L.S.Models 16042 DBAG 101 126-1 Ep.5

メトロポリタンのなれの果て 鳴り物入りで登場したメトロポリタン。専用マシンとして130,131号機の2両が準備されていましたが、どちらかのマシンが検査中の予備として126号機も一般塗装のまま、専用の機能が付加された改造がなされ、運用されていたようです…

L.S.Models 16047S DBAG 101 103-2 Ep.5

登場時の姿 調子の悪い120形の後継機種として登場したのが101型。早20年が経ちました。 直線を主体として、若干の2次曲面を用いた先頭部は、それまでのスタイルとは一線を画する斬新なものでした。 最初の3両は、それまでのDB標準色であったOrientrotで…

HELJAN 44372 DB Schenker EG3105 Ep.6 その9

追加の手入れをしてみた 昨年入線したヘルヤンのEG3100。やっとサウンド化改造をしました。 といっても、他機のデコーダ交換により捻出されたLoksound V3.5によるもの。この使い勝手の悪い100Ωのスピーカを使えるマシンに搭載が限られるので、本機に白羽…

BRAWA 0411 DBAG 234 304-4 Ep.5 その4

暗さは変わらず 高輝度のLEDに交換した前灯と尾灯ですが・・・、 あまり点灯している感がなく、覗き込まないと判らない有様。光道レンズの設計がイマイチなんでしょうかねえ。 まあ、そこは良しとして、各所再清掃して完成。そんな古くない機関車のはずです…

BRAWA 0411 DBAG 234 304-4 Ep.5 その3

漸く整備完了 入手後、普通のデコーダを搭載したまま、数年も箪笥の肥になっていました。走行には支障がなかったものの、ライトの不点など、整備を要する状態だったからであります。 不点のライトは電球だったので、すべてLEDに交換しました。 古い製品のた…

休日一服

でかいマンションがありました 所用で久々の横浜まで。といっても先日のランドマークタワー以来ですが、水辺まで向かったのは10年位ありませんでした。 数度目の大更新をして再び公開されている氷川丸は、時間が足りそうになく横から眺めることにしましたが…

BRAWA 0411 DBAG 234 304-4 Ep.5 その2

重量は十分 この頃のブラバの製品は、走行ユニットは比較的単純のようで、室内の大部分はウエイトで占められています。 モニタ窓から見える室内は、単に黒く塗装されたウエイトです。側面のモールドも比較的あっさりした表現となっています。 このマシンは20…

BRAWA 0411 DBAG 234 304-4 Ep.5 その1

こちらもミントカラー ブラバの初期製品は、DDRの車両ばかりでした。このV130シリーズは、初期発売の製品が長く続いています。穂のでんには浜町のお店でかなり前に見つけた、ミントグリーンの304号機が入線しています。 それなりの中古車でしたが、分解して…

Roco 73716 DB 218 333-3 Ep. 4 その5

シルバーリンゲが相手? ウソ電ではありますが、連結相手はミントカラーのシルバーリンゲでしょう。 考えてみれば、常磐線カラーに似ているんですよねえ。 さて、この西ドイツ国鉄のロゴを使ったミントカラーのシルバーリンゲが穂のでんに在籍しているかどう…

おまとめセット

昔よりも便利? ここ数年、ネットでの音楽配信がメジャーになってしまったせいか、若い頃にショップで見つけて一喜一憂していたものが、一度にまとめて、それもお買い得価格で手に入るようになってしまいました。 今回やってきたのは、モントゥー最晩年の録…

Roco 73716 DB 218 333-3 Ep. 4 その4

ロゴが変 さて、時代設定はEp.4。ロゴは西ドイツ国鉄になっています。 このヨダレカケベースの塗り分け、西ドイツ国鉄末期に機関車に塗られた標準的な形状でありますが、機関車はOrientrot(赤)のみのはずでした。 結局西ドイツ国鉄時代には、この塗り分け…

Roco 73716 DB 218 333-3 Ep. 4 その3

ミントグリーンということで 少々色合いは異なりますが、本日乗車。 いきなり西の都の古い電車。いまだ現役なのは良いことで、MT54に2年ぶりくらいにシビれて、ドーピング完了。 念のためですが、乗りに行ったわけではなく、突然の土曜出張ということで、…

6年前の金曜日

長いのか短いのか その日は薄曇りの花粉が飛び交う日でした。思えば経験したこともない長く大きな揺れに見舞われたのは01-138号車に乗車中。長い1日の始まりでした。 あれから6年。今日は01系の営業最終日。あっという間に過ぎた日々でしたが、得るもの…

Roco 73716 DB 218 333-3 Ep. 4 その2

車体は標準 ミントグリーンなのですが、時代設定はDBAGになる前。 どうしてこうなったのか分かりませんが、まあウソ電なので気にしないのが良いです。 モデルは近年の改良後の製品ベースなので、細密感たっぷりです。 それにしても、ありそうで無いのがウソ…

Roco 73716 DB 218 333-3 Ep. 4 その1

ミントカラーのウソ電 暫く続いた、MC-Vedes特注のロコ218形ディーゼルシリーズに、遂にウソ電登場。 そろそろ食傷気味なのか、生産数が随分と少ないようでシリアルナンバーの分母が150になってしまっています。ケーシングはMC-Vedes特注品の一連製品と同じ…

Jägerndorfer 47400 ÖBB Cityjet その7

もう一方の先頭 パンタ無しクモハ。 艤装的にはパンタが付いていないだけで、屋上はパンタを取っ払った感じになっています。 この車両は中央に移動制約者対応のトイレが付いていて、その部分の窓は潰されていますが、ブラックアウトにして全体のバランスをと…

Jägerndorfer 47400 ÖBB Cityjet その6

中間車 サハか? 屋上機器は空調?のみ。特高配線が引き通されています。 屋根上の片側にある丸い物体は何なのでしょう。 各ドアの上の屋根にあるものは、多分スピーカの類でしょう。423形などにもあります。 まあ、良く出来ています。 ・・・次回へ続く。

Jägerndorfer 47400 ÖBB Cityjet その5

普通の電車かな? 今日は暖かな一日。今年2回目の野良仕事は順調に完了。珍客が登場していました。 今月末からいよいよ営業開始に備え、訓練運転が続いているようです。 さて、 こちらの電車、前照灯はLEDが表現されています。模型では実物よりもかなり早い…

Jägerndorfer 47400 ÖBB Cityjet その4

デコーダを搭載する アナログモデルが入線しましたので、デジタル化をします。 床下には、十分な大きさのスピーカスペースが設けられていましたので、サウンド化することにしました。ちょうどESUのHPでも、このチティージェットのサウンドが公開されましたの…

Jägerndorfer 47400 ÖBB Cityjet その3

さらに細かく 配線がきちんと再現されているのも見物ですが、 機器に接続するHANコネクタの形状まで再現しているのは、やりすぎ感があります。 ここまでくると日本の鉄道模型が付いていけません。。 空調装置の室外機ファンの網の表現も、実物に良く似せてあ…

Jägerndorfer 47400 ÖBB Cityjet その2

細かすぎる ジーメンスの電車シリーズは、屋根上艤装の低床車。通常は床下に隠れている機器が屋根上に搭載されるので、模型ではとても目立ちます。 箱から3両を取り出してみると、その細かい部品が目立つこと・・・ 機器が細かく再現されているとか、レタリ…

Jägerndorfer 47400 ÖBB Cityjet その1

電車 昨年のニュルンベルグメッセの発表品であった、イェーゲンドルファーのシティジェットが、漸く今年のメッセが終わってから発売となりました。 ポチをしてから1年なので、比較的順調な方? まずはウィーン地区のSバーン仕様から発売された模様です。 イ…

BRAWA 44504 Bombardier Twindexx Vario その6

パイロットカー キャブ付き先頭車です。 先頭車のみ出入り口が1Fにあります。バリアフリー対応で、その設備が集中しています。これらは東独時代の先頭車から引き継がれている仕様です。 1Fトイレの部分のみ、窓の有無で両サイドの雰囲気が異なります。 さ…

BRAWA 44504 Bombardier Twindexx Vario その5

2等車 一般車になります。 1等車と変わらず。 レタリングが大きな違いであります。 ・・・次回へ続く。

BRAWA 44504 Bombardier Twindexx Vario その4

別売り品でありんす 3両セットはすべて2等車。1等車は別売り品になります。 車体は2等車と共通のようで、腰掛のレベル違いで1等車になっているのでしょうかねえ。 ・・・次回へ続く。

BRAWA 44504 Bombardier Twindexx Vario その3

編成美は 既存のTRAxxマシンに連結されるダブルデッカー。形としては既存の客車と似たり寄ったりなので、色がIC色になっただけとも言えるかもしれません。 デコーダはまだ発売されていないようなので、やってくるまではアナログ仕様のままとなります。 マシ…

BRAWA 44504 Bombardier Twindexx Vario その2

ベーシックモデル 最近、ドイツでも固定編成化が進んでいるためか、客車のセット物のウェンデツークになると、電連を使用したデジタル対応品も増えました。それはそれで良いのだけれども、自由度が減ってしまうという欠点もあります。そこで今回はベーシック…

BRAWA 44504 Bombardier Twindexx Vario その1

随分とお待たせ その計画が発表されたのも随分と前でありますが、実車が登場するのにも相当時間がかかりました。それと共に、模型の発売もずれ込みました。 このような2階建て車両は、色々な意味で難しいのでしょうかねえ。 さて、実物はボンバルのダブルデ…

早々に来た

3年越しのすゑ 今年のニュルンベルグメッセで漸く製品として展示されていたものが、早々に到着しました。 随分と待ちましたが、メトロポリタンほどではありませんでした・・。 ・・・次回へ続く。

ESU 36134 By(e)667 Ep.4

緑色の客車 さて、プルマンというブランド名でESUから発売された客車は、渋いEilzug用の客車。 デッキの扉が2枚用意されていて、乗降時間の短縮化に寄与しています。 台車はゲルリッツ式。こちらが本家本元のゲルリッツ式の原型。軸距がとても長いのが特徴…

ESU 36041 WGye831 43-591 その2

効果の程は 乗客が揃いましたら、横から雰囲気を見てみます。 まあ、良いでしょう。 蓋をして、完成です。 きちんと乗客が見えるので、雰囲気が出そうです。 で、どの客車に併結させれば良いのでしょう。暫く調べが続くようです。 ・・・おしまい。

ESU 36041 WGye831 43-591 その1

人形を載せてみた さて、年始にやってきたESUのサロンカーに、漸くプライザーの人形を載せました。 屋根が外れない!と悩んでいましたが、スピーカ側のデッキ部を摘まんでみると、簡単に外れました。反対側はだめです。 屋根を外したら、基板が現れます。説…

RailAD Taurus 'Milka' その4

連結してみた 少し前にアップしたメルクリンのミルカ貨車と連結してみました。 藤色の色調の違いは目立たず、良い雰囲気です。 さて、何で今回このモデルが発売されたんでしょうかねえ。 ミルカショップには本機が見当たらないので、何かのグッズのついでの…

RailAD Taurus 'Milka' その3

実にノッペリです 横から見ても、ヌリカベ状態です。 実に不気味なタウラスです。 今回はZ21で通電した状態での撮影。前灯がハイビームで点灯状態です。 見上げた状態でも、点灯が確認できます。 ・・・次回へ続く。

RailAD Taurus 'Milka' その2

微妙な藤色 全身が藤色に包まれたタウラス。ノッペリ感が強いです。 アクセントが無い分、ツルっとした先頭部が目立ちます。 側面のミルカのロゴが、とても存在感ありありであります。 ・・・次回へ続く。

RailAD Taurus 'Milka' その1

藤色車体 メルクリンの貨車ミルカが古くからあるようですが、機関車のスイーツは珍しい部類でしょう。 RailADから発売されたこのマシンは、実機では登場していないファンシーなモデル。RailAD社で実機にないマシンを発売するのは、初めて?ではないでしょう…

TOMYTEC 鉄コレ 小田急1900

やっと出ました 小田急の旧型車。鉄コレの初期に1600形が発売されて久しいですが、ここのところ立て続けに1800形と今回の1900形の発売となりました。 この小田急顔。HB車も含め、60年代の更新で旧型車も小田急顔が確立されました。やはり小…

TOMYTEC 鉄コレ 東急3700

酷使されてナンボ 本日、関東地区は久々の恵みの雨となり、インフルの猛威が一段落付けばよいのですが、どうなるでしょう。 さて、その雨が降る前に、久々の野良作業をすること暫し。 色々な車両が行きかう様子を横目に、ひたすら作業に没頭。 さて、昨日横…

鉄コレ 運輸省規格型など

偶然かいな たて続けに、大手私鉄の運輸省規格型タイプが発売されました。 左は一般発売になった小田急1900形。こんなものが発売されてしまうことが驚きですが、更に右の東急3700形がヨコハマのフェスタで先行発売されました。 どちらも規格型の車両…

Märklin Milka その2

さらにミルカ 違うデザインのミルカがありました。 こちらは全身藤色尽くめであります。

Märklin Milka

ウシです 藤色がトレードカラーになっている、ミルカチョコの貨車です。 この藤色は表現が難しそうです。

Märklin chupa chups

チュッパチャプス お子様に人気の雨です。あちこちで見かけますが、最近は以前ほど見かけなくなりました。 どうしてなんでしょうねえ。

Märklin Kinder Pingui

更にお菓子 まだまだスイーツが続きます。 こちらはチョコに包まれた何か白いもののお菓子であります。日本でもどこかで売ってそうですが、積極的には探していません。

Märklin Cailler chocolate

スウィーツシリーズ 貨車にはビアシリーズの他にスイーツシリーズがあります。 どちらも身体の健康には良くないですが、精神的な健康には良いです。 さて、メルクリンのシリーズに、スイスのチョコメーカーのものがありました。今ではネスレの一部らしいです…

スピーカの実装 その3

エンクロージャに化けさせる。 スピーカの接着剤が十分に乾燥するまで待ちます。この状態でもパーツ全体が反響板になるので、スピーカ単体の時と比べると随分と大きな音が発せられるようになりますが、音がとても乾いた感じとなるためエンクロージャにする必…

スピーカの実装 その2

スピーカを接着す 穴に合わせて、秋葉原購入のスピーカを接着取付します。接着を嫌う場合は両面テープで固定します。 両面テープの場合、振動に強いタイプを使用する必要があります。なかなかそのようなテープに巡り合うのは無いので、穂のでんの場合は接着…

スピーカの実装 その1

ロコのE10に実装す。 ESUのLokSound4になってから、スピーカが一般的な4Ω~8Ωのものが使用できるようになり、実装場所に困ることが減ってきました。 ロコのE10やE40などの、10年前くらいのモデルでは、デコーダの搭載スペースとして台車間の床下機器…

ネタを

プライザーの人形 たくさんの種類があるプライザーの人形。銀座の2Fや渋谷の8Fに行けば、それらを眺めてチョイスすることが出来ます。 今回は1ケース。 さて、次は屋根を外す手段を考えなければならぬ・・・。