読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

穂の原でんしゃ製作所

鉄道模型を楽しくカンタンに工作したい方にオススメ。

GreenMax 4256 京急600形4次車 CU71型分散クーラー搭載車 その4

取付完了す 先頭車については、アンテナの取付と先頭カプラーの交換が待ち受けています。 まずは先頭のダミー連結器を、TNカプラーに取り換えします。説明書にトミックスの型番指定がありますので、それを用いますが、 この型番は373系用の「2段電連」タ…

GreenMax 4256 京急600形4次車 CU71型分散クーラー搭載車 その3

パーツ取付 モーターユニットは、中間のパンタグラフ付きT車に取付します。 下回りを丸ごと交換すればよいので、楽です。また折角ですのでパンタグラフもトミックスの類似品 C-PS27に交換します。 若干の形状違いはありますが、GMのシングルアームは上げた際…

GreenMax 4256 京急600形4次車 CU71型分散クーラー搭載車 その2

動力ユニットの整備 18m車用の動力ユニットは3種類ほどGMストアの棚に入っていましたが、プラモールドの色違いの3種類です。京急用に良いと思われる薄灰色は在庫が無く、濃いグレーのタイプにしました。 といっても、実質どの色でも良さそうです。TH600…

GreenMax 4256 京急600形4次車 CU71型分散クーラー搭載車 その1

動力化とする 訳あって京急の電気指令式ブレーキ車4両口を探す必要が生じましたが、Nゲージも最近は必要最低限の生産数に絞られてきているため、直近発売の製品くらいしか店頭には並ばない状況になっているためか、特別塗装編成の製品ばかりが目立ち、一般…

Märklin 無番 MRCE 185 566-8 Ep.5 その4

走らせて確認 とりあえず、書き込んだサウンドデコーダは別のTraxxマシンに流用しますが、書き込まれたことを確認するための走行は実施します。 今回、折角屋上の色差し加工を行うので、HARIBOマシンの屋上も色差し手入れを行いました。こういう作業は少しず…

PIKO E10.3 やはりやってくれました

更にギミックの追加 トイメッセの直後に、原型E10.3が発売となりましたが、今月には現行仕様の110.3型が発売となりました。 早速届きましたので、線路に載せてみることビックリ!! といっても、これだけではわかりませんよねえ。穂のでん仕様に手入れをして…

Märklin 無番 MRCE 185 566-8 Ep.5 その3

デコーダの書き換え 一応、21MTCピンのデコーダを使いたいがためにホビー用デコーダセットを用いて基板を交換しましたが、本機はサウンドマシンではなく普通のデジタルマシンとして使用することとして、mSD3は別機に流用することにしました。 ただ、サウン…

Märklin 無番 MRCE 185 566-8 Ep.5 その2

手入れは今までと同じ やることは今までと同じですので、完成品を。 今回は第1/4と第2/3パンタの高さを似た感じにするため、第1/4パンタグラフのガイシはエンドウのプラ製を使用し、第2/3パンタにはゾマフェルドのものを使用しました。結果とし…

Märklin 無番 MRCE 185 566-8 Ep.5 その1

偽モノ? 本日まで銀座4Fで外国物のセールをやっていました。先の蔵出しセールとは少々異なりますが、通常の中古品販売が若干安く入手可能となりますので、覗いてきました。 珍しいものが出品されていましたので、今回1両入線しました。 メルクリンの箱に…

Roco 62842 DB 221 143-1 Ep.4

お馴染みの一機 某ビデオの冒頭に一時期名物若造と一緒に出演していた、オーシャンブルー&ベージュのディーゼル。最近ピコからも発売されておりますが、穂のでんでは倒産後のロコが改良再発売したマシンが入線していますので、スルーしております。 この時…

Roco 73331 DBAG 143 579-1 Ep.5 'S-Bahn'

ようやく入線 143型マシンの在籍車両は以前紹介しましたが、今回漸く待ちに待ったDBAGロゴのSバーン色が再発売になり、入線しました。穂のでんにはDRロゴマシンのみの在籍でしたので、連結できる客車が揃わない状態でした。 今回の製品から、運転台に行先…

L.S.Models “Metropolitan” その3

登場時のシルバー 鳴り物入りで登場した当時の姿を模型化したものです。 モノトーンでまとめられたカラーリングは、今までのDBの特急とは異なる印象を与えました。当初は先頭部のロゴも、メトロポリタン専用のものが用意されていました。 模型としてみると、…

TOMYTEC 鉄道コレクション第25弾 から 717系

今回はシークレット外れ 第20弾では運良くシークレットのクモユ143に当たりましたが、今回はノーマル箱のゲットとなりました。久々の箱買いです。 短編成の近郊型シリーズという感じです。メーカの売り文句はJR30周年記念ということですが、あまり関…

L.S.Models “Metropolitan” その2

制御客車ー現状 メトロポリタンが廃止された現在では、ICEの一列車として塗装も変更され運用されています。 ぱっと見では通常のIC用ウェンデツークの制御車と同じような先頭部ですが、側面の連窓で、この車両の出生が解ります。 窓の雰囲気はICEそのものです…

Roco 63235 DB 044 657-5 Ep.4

蒸気! 穂のでんでは珍しい蒸機。穂のでんの生活圏には蒸機の存在がほとんどなく、強いて言うなら子守歌代わりに近所の新鶴見のD51の汽笛とドラフト音が夜に聞こえてきたという記憶しかありません。 ということで、模型の世界でも蒸機は対象外。従ってDCCの…

Roco 62709 DB Schenker 185 332-1 Ep.6 その2

重連にしてみた たまに見受ける重連を再現。 やはりEG3100の屋根グレーは少し明るめですねえ。もう一度塗り替えしなければならないでしょうかねえ。 でもキャブ横のグレーと同じ色調なので、これで良いのかもです。 こう見ると、ちょうど良い感じなんですよ…

Roco 62709 DB Schenker 185 332-1 Ep.6 その1

整備完了 傷物の修理が完了し、試運転も良好でしたので竣工を迎えました。 この形態のマシンは、穂のでんでは大部分がピコやメルクリンのホビーマシンなどで占められているので、ロコの製品は珍しい存在です。 といっても、実車はTRAxxシリーズという盛りだ…

意外に負傷していました

暴走か転落か? 下回りは順調にいったので、車体側の手入れをします。バッファの欠品はスペア箱から部品を取り出してきて、準備完了。穂のでん標準の1端ダミー化のため、結局のところ少し破損していたフロントビームパーツは使わないので、袋入りのオプショ…

まずは下回りの作業から

サウンド化 アウトレットの半額品。スムーズな動力が気に入って、サウンド化することにしました。車体の手入れは明るい日中にやるとして、昨晩はデコーダの搭載作業とサウンドの書き込み作業。 まずは手持ちのデコーダを8Pソケットに挿入し、さっさとソフト…

銀座4F アウトレット開催中

広告するつもりではないけれど 昨年の蔵出しが結構面白かったので、今年も何らかあるかな~と思い夕方閉店少し前に行ってみました。 昨年と違い、今回は訳アリ品がメインということで、自社製品が多く外国型は最も奥の棚2つのみでした。また現在のRoco青箱…

L.S.Models “Metropolitan” その1

恒例の「並べてみた」 2種類在籍しているので、今度はキャブコントロールカーを並べてみました。 色違いだけのようで、サンバイザーの下し具合など、全く同じ製品となっています。 左右が微妙に互い違いに降りているのは、実に雰囲気が良いのですが、2両並…

L.S.Models 16040 DBAG 101 131-1 Ep.5

改めて登場 このはてなブログの最初期の記事に登場したメトロポリタン用の131号機。その時は本機の画像を詳しくは載せていなかったので、改めて登場することになりました。 登場時は前面にも「メトロポリタン」のロゴが貼付されていました。後年、これが通常…

L.S.Models DBAG 101 各種

並べてみた 色の違いが微妙なので、L.Sの製品を並べてみました。 並べると、OrientrotとVerkehrsrotの違いがはっきりします。 エッチング抜きの細かい表現がされたワイパーが目立ちます。少々寸法的に誇張された表現なようです。 屋根上はすっきりしています…

L.S.Models 16042 DBAG 101 126-1 Ep.5

メトロポリタンのなれの果て 鳴り物入りで登場したメトロポリタン。専用マシンとして130,131号機の2両が準備されていましたが、どちらかのマシンが検査中の予備として126号機も一般塗装のまま、専用の機能が付加された改造がなされ、運用されていたようです…

L.S.Models 16047S DBAG 101 103-2 Ep.5

登場時の姿 調子の悪い120形の後継機種として登場したのが101型。早20年が経ちました。 直線を主体として、若干の2次曲面を用いた先頭部は、それまでのスタイルとは一線を画する斬新なものでした。 最初の3両は、それまでのDB標準色であったOrientrotで…

HELJAN 44372 DB Schenker EG3105 Ep.6 その9

追加の手入れをしてみた 昨年入線したヘルヤンのEG3100。やっとサウンド化改造をしました。 といっても、他機のデコーダ交換により捻出されたLoksound V3.5によるもの。この使い勝手の悪い100Ωのスピーカを使えるマシンに搭載が限られるので、本機に白羽…

BRAWA 0411 DBAG 234 304-4 Ep.5 その4

暗さは変わらず 高輝度のLEDに交換した前灯と尾灯ですが・・・、 あまり点灯している感がなく、覗き込まないと判らない有様。光道レンズの設計がイマイチなんでしょうかねえ。 まあ、そこは良しとして、各所再清掃して完成。そんな古くない機関車のはずです…

BRAWA 0411 DBAG 234 304-4 Ep.5 その3

漸く整備完了 入手後、普通のデコーダを搭載したまま、数年も箪笥の肥になっていました。走行には支障がなかったものの、ライトの不点など、整備を要する状態だったからであります。 不点のライトは電球だったので、すべてLEDに交換しました。 古い製品のた…

休日一服

でかいマンションがありました 所用で久々の横浜まで。といっても先日のランドマークタワー以来ですが、水辺まで向かったのは10年位ありませんでした。 数度目の大更新をして再び公開されている氷川丸は、時間が足りそうになく横から眺めることにしましたが…

BRAWA 0411 DBAG 234 304-4 Ep.5 その2

重量は十分 この頃のブラバの製品は、走行ユニットは比較的単純のようで、室内の大部分はウエイトで占められています。 モニタ窓から見える室内は、単に黒く塗装されたウエイトです。側面のモールドも比較的あっさりした表現となっています。 このマシンは20…

BRAWA 0411 DBAG 234 304-4 Ep.5 その1

こちらもミントカラー ブラバの初期製品は、DDRの車両ばかりでした。このV130シリーズは、初期発売の製品が長く続いています。穂のでんには浜町のお店でかなり前に見つけた、ミントグリーンの304号機が入線しています。 それなりの中古車でしたが、分解して…

Roco 73716 DB 218 333-3 Ep. 4 その5

シルバーリンゲが相手? ウソ電ではありますが、連結相手はミントカラーのシルバーリンゲでしょう。 考えてみれば、常磐線カラーに似ているんですよねえ。 さて、この西ドイツ国鉄のロゴを使ったミントカラーのシルバーリンゲが穂のでんに在籍しているかどう…

おまとめセット

昔よりも便利? ここ数年、ネットでの音楽配信がメジャーになってしまったせいか、若い頃にショップで見つけて一喜一憂していたものが、一度にまとめて、それもお買い得価格で手に入るようになってしまいました。 今回やってきたのは、モントゥー最晩年の録…

Roco 73716 DB 218 333-3 Ep. 4 その4

ロゴが変 さて、時代設定はEp.4。ロゴは西ドイツ国鉄になっています。 このヨダレカケベースの塗り分け、西ドイツ国鉄末期に機関車に塗られた標準的な形状でありますが、機関車はOrientrot(赤)のみのはずでした。 結局西ドイツ国鉄時代には、この塗り分け…

Roco 73716 DB 218 333-3 Ep. 4 その3

ミントグリーンということで 少々色合いは異なりますが、本日乗車。 いきなり西の都の古い電車。いまだ現役なのは良いことで、MT54に2年ぶりくらいにシビれて、ドーピング完了。 念のためですが、乗りに行ったわけではなく、突然の土曜出張ということで、…

6年前の金曜日

長いのか短いのか その日は薄曇りの花粉が飛び交う日でした。思えば経験したこともない長く大きな揺れに見舞われたのは01-138号車に乗車中。長い1日の始まりでした。 あれから6年。今日は01系の営業最終日。あっという間に過ぎた日々でしたが、得るもの…

Roco 73716 DB 218 333-3 Ep. 4 その2

車体は標準 ミントグリーンなのですが、時代設定はDBAGになる前。 どうしてこうなったのか分かりませんが、まあウソ電なので気にしないのが良いです。 モデルは近年の改良後の製品ベースなので、細密感たっぷりです。 それにしても、ありそうで無いのがウソ…

Roco 73716 DB 218 333-3 Ep. 4 その1

ミントカラーのウソ電 暫く続いた、MC-Vedes特注のロコ218形ディーゼルシリーズに、遂にウソ電登場。 そろそろ食傷気味なのか、生産数が随分と少ないようでシリアルナンバーの分母が150になってしまっています。ケーシングはMC-Vedes特注品の一連製品と同じ…

Jägerndorfer 47400 ÖBB Cityjet その7

もう一方の先頭 パンタ無しクモハ。 艤装的にはパンタが付いていないだけで、屋上はパンタを取っ払った感じになっています。 この車両は中央に移動制約者対応のトイレが付いていて、その部分の窓は潰されていますが、ブラックアウトにして全体のバランスをと…

Jägerndorfer 47400 ÖBB Cityjet その6

中間車 サハか? 屋上機器は空調?のみ。特高配線が引き通されています。 屋根上の片側にある丸い物体は何なのでしょう。 各ドアの上の屋根にあるものは、多分スピーカの類でしょう。423形などにもあります。 まあ、良く出来ています。 ・・・次回へ続く。

Jägerndorfer 47400 ÖBB Cityjet その5

普通の電車かな? 今日は暖かな一日。今年2回目の野良仕事は順調に完了。珍客が登場していました。 今月末からいよいよ営業開始に備え、訓練運転が続いているようです。 さて、 こちらの電車、前照灯はLEDが表現されています。模型では実物よりもかなり早い…

Jägerndorfer 47400 ÖBB Cityjet その4

デコーダを搭載する アナログモデルが入線しましたので、デジタル化をします。 床下には、十分な大きさのスピーカスペースが設けられていましたので、サウンド化することにしました。ちょうどESUのHPでも、このチティージェットのサウンドが公開されましたの…

Jägerndorfer 47400 ÖBB Cityjet その3

さらに細かく 配線がきちんと再現されているのも見物ですが、 機器に接続するHANコネクタの形状まで再現しているのは、やりすぎ感があります。 ここまでくると日本の鉄道模型が付いていけません。。 空調装置の室外機ファンの網の表現も、実物に良く似せてあ…

Jägerndorfer 47400 ÖBB Cityjet その2

細かすぎる ジーメンスの電車シリーズは、屋根上艤装の低床車。通常は床下に隠れている機器が屋根上に搭載されるので、模型ではとても目立ちます。 箱から3両を取り出してみると、その細かい部品が目立つこと・・・ 機器が細かく再現されているとか、レタリ…

Jägerndorfer 47400 ÖBB Cityjet その1

電車 昨年のニュルンベルグメッセの発表品であった、イェーゲンドルファーのシティジェットが、漸く今年のメッセが終わってから発売となりました。 ポチをしてから1年なので、比較的順調な方? まずはウィーン地区のSバーン仕様から発売された模様です。 イ…

BRAWA 44504 Bombardier Twindexx Vario その6

パイロットカー キャブ付き先頭車です。 先頭車のみ出入り口が1Fにあります。バリアフリー対応で、その設備が集中しています。これらは東独時代の先頭車から引き継がれている仕様です。 1Fトイレの部分のみ、窓の有無で両サイドの雰囲気が異なります。 さ…

BRAWA 44504 Bombardier Twindexx Vario その5

2等車 一般車になります。 1等車と変わらず。 レタリングが大きな違いであります。 ・・・次回へ続く。

BRAWA 44504 Bombardier Twindexx Vario その4

別売り品でありんす 3両セットはすべて2等車。1等車は別売り品になります。 車体は2等車と共通のようで、腰掛のレベル違いで1等車になっているのでしょうかねえ。 ・・・次回へ続く。

BRAWA 44504 Bombardier Twindexx Vario その3

編成美は 既存のTRAxxマシンに連結されるダブルデッカー。形としては既存の客車と似たり寄ったりなので、色がIC色になっただけとも言えるかもしれません。 デコーダはまだ発売されていないようなので、やってくるまではアナログ仕様のままとなります。 マシ…

BRAWA 44504 Bombardier Twindexx Vario その2

ベーシックモデル 最近、ドイツでも固定編成化が進んでいるためか、客車のセット物のウェンデツークになると、電連を使用したデジタル対応品も増えました。それはそれで良いのだけれども、自由度が減ってしまうという欠点もあります。そこで今回はベーシック…