穂の原でんしゃ製作所

鉄道模型を楽しくカンタンに工作したい方にオススメ。

Roco 73716 DB 218 333-3 Ep. 4 その4

ロゴが変

 さて、時代設定はEp.4。ロゴは西ドイツ国鉄になっています。

  f:id:abebecchi:20170312210512j:plain

 このヨダレカケベースの塗り分け、西ドイツ国鉄末期に機関車に塗られた標準的な形状でありますが、機関車はOrientrot(赤)のみのはずでした。

 結局西ドイツ国鉄時代には、この塗り分けは赤のみの存在でありましたので、このマシンはウソ電になるわけです。

f:id:abebecchi:20170312210751j:plain

 実際に存在していそうな、しっくり感がウソ電の特徴。

f:id:abebecchi:20170312210956j:plain

 さて、どうしたものでしょう。

 

・・・次回へ続く。

 

Roco 73716 DB 218 333-3 Ep. 4 その3

ミントグリーンということで

 少々色合いは異なりますが、本日乗車。

f:id:abebecchi:20170311223642j:plain

 いきなり西の都の古い電車。いまだ現役なのは良いことで、MT54に2年ぶりくらいにシビれて、ドーピング完了。

 念のためですが、乗りに行ったわけではなく、突然の土曜出張ということで、経路にたまたま113系が入ってきた、ということであります。

 閑話休題・・・・

f:id:abebecchi:20170311223959j:plain

 こちらのマシン、屋根上の煙突は新造時には無く、後天的な改造で追加されたものですが、マシンによって位置関係に色々あるようです。

f:id:abebecchi:20170311224050j:plain

 中央の排気ファンは固定されていますが、網はエッチング抜きパーツと思われます。

 

・・・次回へ続く。

 

6年前の金曜日

長いのか短いのか

 その日は薄曇りの花粉が飛び交う日でした。思えば経験したこともない長く大きな揺れに見舞われたのは01-138号車に乗車中。長い1日の始まりでした。

 あれから6年。今日は01系の営業最終日。あっという間に過ぎた日々でしたが、得るものも失うものも、どちらも多い月日であった気がします。

 多くの人々と出会い、別れ、歳を重ねるにつれ、その大切さを感じるようになりました。

 昔、フリッチャイが生きることは素晴らしいことであると、つぶやく場面がありました。「素晴らしい」というのは、決して「楽しい」という意味ではありません、むしろ「ドラスティック」であり、その空間に自分がいることの価値を表現しているのだと確信しています。

 この自分の寿命が尽きる時期を解っていながら、全力で自身の仕事をやり遂げていくことが、実に怖ろしいことであっても素晴らしいと感じるのは、並大抵のことではないでしょう。でも、そのように感じながら仕事ができるのは、本当に素晴らしい。

 この6年は、そんな月日であったような気がします。

Roco 73716 DB 218 333-3 Ep. 4 その2

車体は標準

 ミントグリーンなのですが、時代設定はDBAGになる前。

  f:id:abebecchi:20170309232044j:plain

 どうしてこうなったのか分かりませんが、まあウソ電なので気にしないのが良いです。

 モデルは近年の改良後の製品ベースなので、細密感たっぷりです。

f:id:abebecchi:20170309232445j:plain

 それにしても、ありそうで無いのがウソ電。これはどの部類でしょうか。

 

・・・次回へ続く。

 

Roco 73716 DB 218 333-3 Ep. 4 その1

ミントカラーのウソ電

 暫く続いた、MC-Vedes特注のロコ218形ディーゼルシリーズに、遂にウソ電登場。

f:id:abebecchi:20170309000350j:plain

 そろそろ食傷気味なのか、生産数が随分と少ないようでシリアルナンバーの分母が150になってしまっています。ケーシングはMC-Vedes特注品の一連製品と同じ構造。

f:id:abebecchi:20170309000520j:plain

 中から窓無しのケースが出てきます。

f:id:abebecchi:20170309000545j:plain

 蓋を開けると、通常のロコの箱の体裁になっています。

 

・・・次回へ続く。

 

Jägerndorfer 47400 ÖBB Cityjet その7

もう一方の先頭

 パンタ無しクモハ。

f:id:abebecchi:20170307221030j:plain

 艤装的にはパンタが付いていないだけで、屋上はパンタを取っ払った感じになっています。

f:id:abebecchi:20170307221109j:plain

 この車両は中央に移動制約者対応のトイレが付いていて、その部分の窓は潰されていますが、ブラックアウトにして全体のバランスをとっています。

f:id:abebecchi:20170307221216j:plain

 こちら側から見ると、窓があります。

 さて、このモデル、車体はプラですが、フレーム部分すなわち黒い部分が鋳物で出来ていまして、ウエイトを兼用しています。良く出来ています。3両とも連結器に電気接点が付属した引き通し方式になっていますが、LSとは異なりモーター車単独で通電できます。その点はデコーダのメンテナンス上は好都合です。

f:id:abebecchi:20170307221459j:plain

 普通の3両編成の汎用電車ということで、暫く増備が続くようです。模型界でも色々なバリエーションが展開されるようで、まあ、商品化としては今後の展開が期待できるものとして有力でしょうか。

 

・・・おしまい。

 

 

Jägerndorfer 47400 ÖBB Cityjet その6

中間車

 サハか?

f:id:abebecchi:20170306233004j:plain

 屋上機器は空調?のみ。特高配線が引き通されています。

f:id:abebecchi:20170306233032j:plain

 屋根上の片側にある丸い物体は何なのでしょう。

 各ドアの上の屋根にあるものは、多分スピーカの類でしょう。423形などにもあります。

f:id:abebecchi:20170306233124j:plain

 まあ、良く出来ています。

 

・・・次回へ続く。