読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

穂の原でんしゃ製作所

鉄道模型を楽しくカンタンに工作したい方にオススメ。

Jägerndorfer 47400 ÖBB Cityjet その5

普通の電車かな?

 今日は暖かな一日。今年2回目の野良仕事は順調に完了。珍客が登場していました。

f:id:abebecchi:20170305210910j:plain

 今月末からいよいよ営業開始に備え、訓練運転が続いているようです。

 さて、

f:id:abebecchi:20170305211146j:plain

 こちらの電車、前照灯はLEDが表現されています。模型では実物よりもかなり早い段階で前灯のLED化が進んでいましたが、形状の再現は、今まであまりありませんでした。粒粒間をレンズに再現しています。

f:id:abebecchi:20170305211554j:plain

 パンタ付きの先頭車。日本でいえばクモハ。この1世代前の車両は、21世紀初頭に流行った連接電車でしたが、こちらでは本来のボギー車に戻っています。

f:id:abebecchi:20170305211709j:plain

 台車間を低床にしているため、屋上艤装の車両にしています。

f:id:abebecchi:20170305211756j:plain

 まあ、普通の電車ですが、日本の電車を見慣れていると、少々違和感を感じます。

f:id:abebecchi:20170305211902j:plain

 S-Bahnなので扉が多い車両を想像してしまうのですが、日本のようなラッシュがあるわけでもないので、このようにクロスシートの並ぶ2扉車でも十分余裕がある使い方をできるようです。

 

・・・次回へ続く。

 

 

 

Jägerndorfer 47400 ÖBB Cityjet その4

デコーダを搭載する

 アナログモデルが入線しましたので、デジタル化をします。

f:id:abebecchi:20170304234348j:plain

 床下には、十分な大きさのスピーカスペースが設けられていましたので、サウンド化することにしました。ちょうどESUのHPでも、このチティージェットのサウンドが公開されましたので、LoksoundのV4を在籍車両のデコーダの入れ替え作業で捻出して準備しました。

f:id:abebecchi:20170304234539j:plain

 説明書を読んで車体を外しました。コツをつかめばすぐに外れます。本商品はハイエンド仕様(でも価格帯はお手頃)なので、客室灯が標準装備。プリント基板を見ると電解コンもあり、結構なことです。21MTCのデコーダ部分には、アナログ対応の基板が取り付けてありますので、これを外してサウンドデコーダに載せ換えます。

f:id:abebecchi:20170304234752j:plain

 車体を被せる前に、いったん動作確認をしておきます。これで準備はOK

f:id:abebecchi:20170304234848j:plain

 こんな感じで、室内灯の点灯が判ります。LED式行先表示器も綺麗に点灯しています。

 

・・・次回へ続く。

 

Jägerndorfer 47400 ÖBB Cityjet その3

さらに細かく

 配線がきちんと再現されているのも見物ですが、

f:id:abebecchi:20170302235018j:plain

機器に接続するHANコネクタの形状まで再現しているのは、やりすぎ感があります。

ここまでくると日本の鉄道模型が付いていけません。。

f:id:abebecchi:20170302235128j:plain

 空調装置の室外機ファンの網の表現も、実物に良く似せてあります。当然内部の羽も表現されています。

f:id:abebecchi:20170302235336j:plain

 特高配線の電纜棚までしっかりと表現されていて、一体どこまで再現すれば納得できるのでしょう状態であります。

・・・次回へ続く。

 

Jägerndorfer 47400 ÖBB Cityjet その2

細かすぎる

 ジーメンスの電車シリーズは、屋根上艤装の低床車。通常は床下に隠れている機器が屋根上に搭載されるので、模型ではとても目立ちます。

f:id:abebecchi:20170301001950j:plain

 箱から3両を取り出してみると、その細かい部品が目立つこと・・・

f:id:abebecchi:20170301002025j:plain

 機器が細かく再現されているとか、レタリングがきっちりされている、というレベルにとどまらず、配管と配線も、結構リアルに取り付けられています。

f:id:abebecchi:20170301002120j:plain

 このメントラとか、水冷ユニットの配管配線が細かく再現されているのはビックリ。水冷ポンプのモーターらしき白い物体も、一見してモーターとわかる状態です。

 

・・・次回へ続く。

 

Jägerndorfer 47400 ÖBB Cityjet その1

電車

 昨年のニュルンベルグメッセの発表品であった、イェーゲンドルファーのシティジェットが、漸く今年のメッセが終わってから発売となりました。

f:id:abebecchi:20170226212115j:plain

 ポチをしてから1年なので、比較的順調な方?

 まずはウィーン地区のSバーン仕様から発売された模様です。

f:id:abebecchi:20170226212220j:plain

 イェーゲンドルファーの製品は入手性が難なので、ドイツの模型屋さんであってもなかなか予約ができない場合が多いのでありますが、本品物はメールにて予約を入れておいたもの。馴染みの模型屋が出来れば、日本と同様融通が利きます。

 といってもŌBBのウェブショップでも販売し始めたので、比較的入手容易でしょう。

 

・・・次回へ続く。

 

BRAWA 44504 Bombardier Twindexx Vario その6

パイロットカー

 キャブ付き先頭車です。

f:id:abebecchi:20170226205355j:plain

 先頭車のみ出入り口が1Fにあります。バリアフリー対応で、その設備が集中しています。これらは東独時代の先頭車から引き継がれている仕様です。

f:id:abebecchi:20170226205512j:plain

 1Fトイレの部分のみ、窓の有無で両サイドの雰囲気が異なります。

 さて、

f:id:abebecchi:20170226205555j:plain

 先頭部のアップですが、第1輪が輪重抜けをおこして浮いています。

 どうも、ほんのわずかなレールの段差を感知して、このような状態になるようです。流石ブラバの模型車両、走行関係は弱いです。直線でも脱線するのは、珍しい部類でしょう。

 

・・・おしまい。

 

BRAWA 44504 Bombardier Twindexx Vario その5

2等車

一般車になります。

f:id:abebecchi:20170225220545j:plain

 1等車と変わらず。

f:id:abebecchi:20170225220602j:plain

 レタリングが大きな違いであります。

 

・・・次回へ続く。